2012年 08月 30日

DAYS WENT BY

d0262570_22415079.jpg


最初からレタッチすることを念頭におきながら撮った写真をレタッチした写真。
何だか回りくどい言い方ですが、他に上手な表現が思い付きませんでした(笑)

「レタッチ=写真の本質を損なうもの」と捉え、それを否定したり、あるいは受け入れないといった人もたくさんいるようですが、僕は必ずしもそうとは思いません。なぜならレタッチは素材を誇張したり変化させたりするためだけの技術ではないと思うからです。RAW現像にしても然り、フィルムスキャンにしても然り。素材の持ち味を引き出すためにレタッチの知識や技術を用いる、という事はしばしばありますから。要は程度の問題だと思います。僕にも好き嫌いっていうのはありますし。

今日UPした写真は、とにかくレタッチの練習に明け暮れていた頃のもの。最近はここまで大胆にレタッチすることはなくなりました。でも、だからと言って自分の中でこの写真の魅力が色褪せてしまった、というワケではありません。
[PR]

by photonine | 2012-08-30 23:33 | Color | Comments(4)
Commented by syo0828s at 2012-08-31 10:47
迫力ありますね^^僕もストレートで写真を仕上げる事は殆ど無いので考えさせられますね。それでも昔に比べたら少しずつ写真の仕上げ方がストレートに近づいてきてるし、ディティールの細やかさが損なわれていない写真に憧れもあります。見た目のインパクトとディティールの保持をバランス良くやれたら良いのでしょうけどね。いつもそこでの葛藤です(笑)
Commented by photo-nachi at 2012-08-31 21:43
わーカッコイイ!
この「時」は誰がどんな想いで見つめていたんだろう、
過ごしていたんだろう、ってイマジネーションが膨らむねー^^

・・・photonineさんの考え方って好きだなー
写真が表現である限り、肯定はあっても否定はあっては
ならない、、とアタシは思います。(生意気に)
すっごくレタッチが好きな人はそれを表現として続ければ
いいわけだし、嫌なら極端な話、スルーすればいいだけです。
何も文句つけるようなことしなくても。

それは(法に触れない限り)人の生き方に対しても
同じだと思っています。

って、全然photonineさんの想いと違ってたらスンマセン!^^;
ユルシテッ!
Commented by photonine at 2012-09-01 13:44
>syo0828さん

こんにちはー。いやぁ、コメ嬉しいです!
僕はsyo0828さんの写真の仕上げに対する向き合い方がとても好きなんですよ。ストイックだし、ちゃんと「自分」ってものを持っていらっしゃるし、僕もそうありたいなぁ、なんて思っています。

『見た目のインパクトとディティールの保持をバランス良く・・・・』そうですね、僕もそこで葛藤してしまいます。葛藤の中から思わぬ副産物が生まれたりするのは秘密ですけど・・・・^^


Commented by photonine at 2012-09-01 14:03
>nachiさん

こんにちはー!今日は急に雨が降ってきたり、かと思えば強い日差しが差し込んできたりと、変な天気ですね。そちらはどうですか?

いやぁ、そんな風にnachiさんに褒められちゃうと、自分がとても良い人のように思えてきます。ええ、ただの錯覚なのですがw

nachiさんの考え方、全く同感です。表現に好き嫌いはあっても、「否定」っていうのはどうなのだろう、って思います。自分に置き換えてみれば僕が誰かの表現の意図をその誰かと同じように理解出来ているとは限らないもの。むしろそんな自信、全くありませんwww
その程度で相手を否定するっていうのは、上から目線でただ自分の価値観を正当化しているだけのように見えますし、自分はそういう事を好まないし、何よりニガテなんです。

あ~あ、語ってしまったwww
<< Life goes around 海を見ていた午後 >>