2012年 09月 20日

Slightly out of Focus

d0262570_025194.jpg


ロバート・キャパ・・・僕が最初に覚えたフォトグラファーの名、それはロバート・キャパでした。

彼の名を知ったのは、彼の著書「ちょっとピンぼけ(原題 Slightly out of Focus)」を読んだからでも、彼の写真に触れる機会があったからでもありません。それは子供の頃夢中になって読んでいたコミック誌がきっかけでした。
これはまだ僕が小学生だった頃のお話で、この頃には既に僕の心の中には「いつかはライカ」という気持ちが芽生えていました。キャパは後年コンタックスやローライフレックスを愛用していますが、僕にとってはキャパと言えばやはりライカなのです。
月日は流れて2011年。子供の頃に憧れたライカをついに手に入れました。考えてみれば随分と長い時間を要したものです。でも“その時”は偶然ではなく必然として訪れたのだと信じたい。けっして遅くもなく、早くもなく・・・・。

・・・・・・

そんなキャパの写真展が来春横浜で開催。

「生誕100年 キャパ、知られざる実像」

興味のある方は、是非・・・・。

【LENS】 Canon New FD 50mm F1.2L
[PR]

by photonine | 2012-09-20 00:08 | Monochrome | Comments(0)
<< SOMEWHERE IN TO... JUSTICE >>