2013年 05月 19日

bouquiniste

d0262570_275184.jpg


図書館で本を借りたり、古書店で古本を購入したりする事に抵抗のある人が少なくないらしいです。
気持ちがわからないワケではないけれど、僕にはそれがとても勿体無い事のように思えます。
だってそういう場所では、絶版になってしまった本や、なかなか手にすることが出来ない本と突然出遭えたりすることがしばしばあるのですから・・・・。

この日はエリオット・アーウィットとロベール・ドアノーのどちらの写真集を買うかでずーっと悩み、結局ドアノーの写真集を購入。程度が良いわりに通常よりも価格設定は低めで、ちょっと得した気分になりました。

*店内の写真は店員さんに了解を得て撮影しています。
[PR]

by photonine | 2013-05-19 01:55 | Monochrome | Comments(2)
Commented by jmatsu7474 at 2013-05-19 21:09
私も図書館・古書店の大ユーザーです。 1日中、図書館と本屋を渡り歩いたりすることもあります。  特に、写真集って内容見ないまま買うのは躊躇するので、図書館で借りたり閲覧したりして、手許に置きたいと思うものを買うようにしています。  ロンドンでもそんな場所を早く見つけたいです。
Commented by photonine at 2013-05-19 23:14
>jmatsu7474さん

図書館とか古書店の雰囲気というか、空気がまた好きなんですよね。なかなかそういう場所では写真は撮れないのですが、このお店では快く撮影を承諾してもらえました。時間を忘れて夢中で写真を撮りまくっちゃいましたよーw
<< Lady's Eye forest >>