2014年 11月 03日

YOKOHAMA TRIENNALE 2014 #1

行ってきましたよ、横浜トリエンナーレ2014。

こういうの、いつも会期終了ギリギリになっちゃうんですよねー。せっかくの紹介記事なのですが、実はヨコトリ、今日で閉幕です。リポートあげても何の役にも立たない。ホント、すみません(笑)

私の場合は、流石に最終日に全部というのは難しいので、先週と今週の2週にかけて、駆け込みで全会場を回ってきました。

d0262570_19195443.jpg

まずは、ポスターにも使用されているギムホンソック 「クマのような構造物-629」。

周りのゴミ袋はみなさん御馴染みのリアルゴミ袋ですが、クマは確かブロンズです。はい、「作品にはお手を触れないでください」の注意書きを見落とし、しっかり触ってきてしまいました。驚き、です。

ちなみに・・・・
今回の記事では、写真に少しレタッチを加えています。既に完成されたアート作品ですからねー、単なる記録写真にならないように、ちょっとNINEテイストを・・・・。

d0262570_19205779.jpg

ヴィム・デルボア 「低床トレーラー」

全長15m以上の大型トレーラーをゴシック建築風に表現したものです。輸送中に塩水かけて錆びさせたとか、そうでないとか・・・・。

d0262570_19204272.jpg

エドワード&ナンシー・キーンホルツ 「億万長者」

d0262570_19214987.jpg

福岡道雄 「何もすることがない」

d0262570_19212439.jpg

吉村益信 「豚;Pig Lib;」

現代アートは難しく、その全てを僕が理解出来るワケでは無いのですが、しかし大切なのは「アートに触れる」、という事ではないかと思うのです。わかるか、わからないか、簡単か、難しいか、楽しいか、楽しくないか、好きか、嫌いか・・・・それらはあまり僕には関係なくて。
何か自分の中に吸収できないか・・・・アートに触れるときにはそのことだけを考えています。勿論、自分の写真に何かを生かせればいいなぁなどと思いながら。

今回は横浜美術館会場の作品をご紹介しましたが、次回は他の会場のリポートをUPしたいと思います。
[PR]

by photonine | 2014-11-03 20:33 | Color | Comments(0)
<< YOKOHAMA TRIENN... Seaside Take off >>