2015年 11月 29日

小さい秋、みつけた

d0262570_1785052.jpg


今夏の沖縄旅行の際、最後まで連れて行くかどうか悩んだカメラとは・・・・HASSELBLAD 500Cでした。

今年の春先、市橋織江さんの、とある撮影現場におじゃまできるかも・・・・という機会に恵まれました。市橋さんといえば、JR東日本の「行くぜ、東北。」のポスター撮影などで有名なカメラマンさんです。また、Mamiya RZ67の使い手としても有名ですね。

結局、この撮影には立ち会うことが出来なかったのですが、仕上がったポスターを見させて頂いて、「これはイイなぁ」と。で、その時スイッチが入ってしまいました。何に、って? 中判の魅力にですよ。

当然、最初は市橋さんと同じMamiya RZ67に目が向きました。ボディ、レンズとも流通量が多く、価格は比較的安い。で、写りもイイ。でも1つだけ問題が。コイツ、重いんですよ。レンズつけて約2.5kg(笑) 

移動手段が車なら何の躊躇もありませんが、公共交通機関となるとちょっと・・・・。旅に持っていくことを考えたらなおさらです。残念ですが僕のスタイルには合いません。

でも、一度火のついた衝動を抑えることは出来ない。で、紆余曲折を経てHASSELBLADに辿りつきました。なぜHASSELなのか、についてはまた機会があれば、その時にでも・・・・。

せっかく手にしたカメラ。早く撮影して、その写りを見てみたいと思うのが人情ですが、でもその前にやらなければいけないことが。そう、まずはブローニー判の画像をどうPCに取り込むか、この問題をクリアしなければなりません。

35mmフィルムならば、手持ちのNikon COOLSCAN Vでフィルムスキャンすれば良いのだけれどブローニー判は無理。ってコトで、ヤフオクで中古のEPSONのフラットベッドスキャナーを購入しました。しかし、フラットベッドのスキャンはなかなか手強いですね。思うようにいきません。俗に言われるピント位置の問題や色調等、どうしたら良い結果が得られるのか現在試行錯誤中です。そんなワケで今までBlogに写真をUPしてきませんでした。

今回UPしたものも全然満足できるレベルのものではないのだけれど、まあ、1枚は・・・・ということでUP。何年か先にこの記事を読み返した時、上達が自覚出来るようになっていれば良いのだけれど・・・・。

【Film】   FUJI PRO160NS 120
【Scanner】 EPSON GT-X770
[PR]

by photonine | 2015-11-29 19:05 | Color | Comments(4)
Commented by funicolare at 2015-12-03 23:47
おはようございます。

スキャンも含めて、わたしにはもう完成の域のように思われます。
興味深い描写です。
Commented by photonine at 2015-12-05 06:23
>funicolareさん
いやいや、そんなことはないです。本当にフラットベッドのスキャンは難しいなぁ、と。
今後も研究しながら納得いくまで色々試してみたいと思っています。
Commented by NeoN at 2015-12-05 08:42 x
スキャンは難しいですね。特にカラーは本当に難しい。ポジは、家庭用では絶対に敵いませんね。
でも35mm版に比べれば、中判のスキャンは断然結果がよいと思っています。
35mmは諦めました。デジタルに全く敵いません。
私の場合、スキャンて、脳内印象と比べるとガッカリすることが多いのですが、時間が経ってみてみると、そこそこ良いなと思えるふしぎなところがあります。
フィルムスキャナーはもう開発が完全に止まっている感じですよね。COOLSCAN Vも貴重ですよね。SUPER COOLSCAN 9000 とか、買っておけば良かったなと思いますが。。。
Commented by photonine at 2015-12-05 20:10
>NeoNさん

そうそう、カラーは特に難しいです。ピントもカメラに問題があるのか、腕に問題があるのか、はたまたスキャナーに問題があるのかわかりませんが、来ないんですよ、ズバッと。
今度プリントしてみて、原因がカメラにあるようならば、オーバーホールに出してみるつもりです。
<< The line of beauty Tower Loves Tok... >>