2016年 12月 03日

そろそろ帰ろう

d0262570_2254958.jpg
人目を気にせず路上でキスをするカップルや、ヒットソングを大声で歌いながらカラオケ店を後にする女の子たちや、訳のわからない酔っ払いのおじさんたちが深夜の電車の中に溢れかえっているのを見て、ああ、12月になったんだな、と実感。
北風よりも、初雪よりも、デパートのクリスマスの飾り付けよりも、僕はそんなものに12月を感じます。



[PR]

by photonine | 2016-12-03 00:05 | Monochrome | Comments(0)
<< 世界にひとつだけの枯葉 夜を纏う川、古い夢と孤高の橋 >>