2016年 12月 08日

森の音楽家

d0262570_2573712.jpg
音楽そのものや、スピーカー・ヘッドフォン等音響機器の音を示す言葉に「ドンシャリ」という言葉があります。低音と高音が強調された音・・・・つまりドンは重低音がドンドン響く様を、シャリは高音がシャリシャリ と鳴る様を表している訳です。低音と高音ばかりやたらに強調され、中音が充実していない音と解されることもあるのですが、僕がまだ若かった頃は「低音がしっかりと音の芯を支え、高音は瑞々しくクリアーに響く」というような、そんな好意的な音の表現として使われていました。

絞ると劇的にシャープになる」とか「急にキリッと表情を変える」という評が多いこのレンズ。はい、そうなんです。そうなんですけれどね、「シャープ」とか「キリッと」とかいう表現より「ドンシャリ」という表現の方がしっくりくるんですよね、僕的には。何がドンで何がシャリなのか、説明は出来ないんですけれどね、たぶん。



[PR]

by photonine | 2016-12-08 00:00 | Monochrome | Comments(0)
<< Autumn Color 回帰 >>