2017年 02月 28日

CHANGE THE METHOD #2 ~雲の中の暗室 編~

d0262570_19382834.jpg
※iPhone6で撮影

PCの買い替えにあわせ、PhotoshopとLightroomに「Creative Cloud フォトプラン」を導入してみました。
月額980円。あえて上の画像にも入れていますが、煙草(アメスピ)約2箱分の価格です。まあこれでいつでも最新の画像処理環境が手に入るのなら安いものかなと。
JPEGの撮って出しで勝負するっていう考え方もありますが、Leicaでは難しいですね(特にカラーは)。M Type240やM10のことはわかりませんが、M9のJPEGは心許ないレベルで、やはりRAW現像がメインとなります。そうするとLightroomは必要だし、モノクロ変換で色別のパラメーターをいじったりするのにはPhotoshopがあると便利です。

Photoshopには多種多様なプラグインモジュールがあります。プラグインっていうのは、Adobeが独自に、または他のソフトウェア会社と共同で開発したソフトウェアで、Photoshopに機能を追加するために使用するものです。有料・無料それぞれあって、僕も昔からそのいくつかを使っています。今回は特別に(いや、それほど特別でもないけれど 笑)僕が使っているプラグインソフトをご紹介します。



〇Nick Collection
今回新たに導入しました。以前は高額の有料プラグインだったようですが、現在はフリーソフトになっています。Nick Collectionは、いくつかのプラグインの集合体の名前?で、ダウンロードすると以下のプラグインが全て使えるようになります。

・Color Efex Pr
・Analog Efex Pro
・Silver Efex Pro
・Viveza
・HDR Efex Pro
・Sharpener Pro
・Dfine

まだ全部使ったわけではありませんが、無料にしてはクオリティが高いなと思います。それぞれのプラグインの特徴については長くなるのでここでは割愛しますが、おすすめのプラグインだと思います。


〇Flaming Pear:Melancholytron US$29.00
かなり昔からあるプラグインです。デジタル画像をトイカメラ風に加工・・・・なんていうシチュエーションで紹介されることが多く、クオリティ自体もあまり高く評価されていません。知名度も低いと思います。私はLeicaを使う前からこのプラグインを使っていますが、使い方によっては案外重宝する場面もあります。Photoshop CC 2017でも使えますが、こちらはUS$29.00の有料プラグインとなっています。(無料お試し期間あり)


〇Neat Image:Reduce Noise
ノイズ除去のプラグインです。Lightroomを導入する前によく使っていたプラグインですが、Lightroom導入後は使用頻度が減りました。ただ、フィルムスキャンした画像のノイズ除去には今でもこちらを使う事があります。前述したNick CollectionのDfineもノイズ除去のプラグイン(まだ未使用)なので、今度使い比べてみようと思っています。
Photoshop CC 2017でも使えます。ただ無料で使用できるファイルサイズに制限があるため、いったんリサイズ(ファイルサイズを小さく)しなければいけないという面倒さがあります。これが無ければいいのだけれど・・・・。


〇Bleach Bypass Pro
いわゆる『銀残し』のテイストを加味できるプラグインです。以前の環境では使っていたのですが、Photoshop CC 2017には未対応のようで使えません。ちょっと残念です。まあ、どうしても使いたいっていう場合は古い環境で使おうかと思っています。

〇Conerfix
これはPhotoshopのプラグインではなく、以前の記事でも触れたとおり、デジタル撮影で広角系レンズを使った時に発生するシアンコーナー(周辺部の緑被り)や周辺光量不足を補正してくれる無料ソフトです。満足度100%ってわけではありませんが、ケースバイケースで使わないよりは使ったほうが良いという場合があります。無料でこれだけやってくれるのだから文句は言えません(笑)

・・・・と、まあ今回も長くなりましたね。そして手の内見せちゃいましたね(たいした手の内ではありませんが 笑)。
ストレートで写真を披露できれば、こんなに素敵なことはないのですが、なかなかそういうレベルに達することもできません。悲しいかな、僕にとってはプラグインも重要なツールの1つなのです。

さてさて、今日のお話はこれくらいにして、次回はいよいよレンズの6bit改造のお話です。お楽しみに!


[PR]

by photonine | 2017-02-28 06:00 | 写真に関するエトセトラ | Comments(2)
Commented by syo0828s at 2017-03-02 02:22
僕も最後はLightroomで仕上げて書き出すので、毎月980円払ってます。
ずっと払う事を考えると勿体無い気もするんだけど、でもま、いっか!って思わせる絶妙な料金設定ですよねw
Nick Collectionがフリーソフトになったのは凄くラッキーですよね。昔は結構な値段してたのに。
Color Efexなんかは結構重宝してますよ!
Commented by photonine at 2017-03-02 12:40
>syo0828sさん

コメ、ありがとうございました。この記事に反応(コメント)があったこと、
とても嬉しく思っています。いつもの当blogとは趣向を変えた記事だったし
ちょっとマニアック過ぎたかな、と思っていたところだったので。
他にもおすすめのプラグイン等があったら教えてくださーい! よろしくです。
<< CHANGE THE METH... CHANGE THE METH... >>