2017年 05月 24日

色は匂へど散りぬるを

d0262570_12183481.jpg
HASSELBLADを使い始めてからずっと感じていた『このHASSEL、ピントきてるのかな』、『フラットベッドのスキャナーって、こんなもんなのだろうか』の二つの疑問。今までフィルムスキャン後の画像しか見ていなかったから、確認のしようがありませんでした。
プリントすれば早いのだけれど、今回はリバーサルフィルムを使って検証。フィルム自体のはっしょくも確認できるし、一石二鳥と考えました。

で、結論。
ピントはちゃんときているし、露出も色味も問題なし。やっぱりスキャナーがダメダメなんだなぁ、と。まあ、仕方ありません。HASSEL購入後、早く画像をデジタル化したくて中古スキャナーを3千円そこそこでヤフオク購入。それが今使っているフラットベッドスキャナー EPSON GT-X770なのですから(かなりクタクタな商品)。3千円ですよ、3千円。文句言ってはダメですよねー(笑)
スキャン時のヒストグラム調整や、その後のPhotoshopでの調整などでなんとか見られる画にしてきたけれど、EPSONのフラッグシップ機を使えば今より格段に調整が楽になるんだろうな、と思っています。今すぐどうこうというわけではないけれど、将来的には購入を検討してみよっと。

【Film】   FUJI Velvia 100
【Scanner】 EPSON GT-X770


[PR]

by photonine | 2017-05-24 00:00 | Color | Comments(0)
<< Angel Wing 卯月の桜 >>