2017年 03月 04日 ( 1 )


2017年 03月 04日

CHANGE THE METHOD #3 ~白と黒の迷宮 Leica 6bit code 編~

Leica MシリーズはM8からデジタルとなりました。このデジタル化に合わせLeicaはレンズ識別システムを導入しました。いわゆる6bitコードと呼ばれるものです。どんなものかというと、こんな感じです。

Leica Lens Code

レンズの接合部に白または黒のマークを6個配置し、この組み合わせをボディ側のセンサーで読み込ませレンズを識別するという仕組みになっています。

しかーし、です。古いレンズはどーすんの?・・・・ってコトになるわけですよ。だってこんな白と黒の表示、古いレンズには付いていないわけですから。
で、M9以降はマニュアル設定できるようになりました。「古いレンズはメニューにあるレンズの中から類似するものを選択してね」っていう心遣いです。ありがとう、Leica!

でもね、ついつい忘れちゃうんですよ。若くないから。レンズ交換したらマニュアル設定し直してっていう単純な作業が面倒臭いんですよ、若くないから。
僕と同じ理由かはさておき、古いレンズを自動で6bitコード認識させられないか、と考える人はたくさんいるようで、皆さん多かれ少なかれ苦労されているわけです。
本日は、そんな非6bitレンズを自動認識させるまでのワタクシNINEの改造奮闘記をお届けします!


More
[PR]

by photonine | 2017-03-04 12:32 | 写真に関するエトセトラ | Comments(0)