カテゴリ:Color( 180 )


2012年 08月 05日

RED DADDY

d0262570_22434873.jpg


1泊2日で札幌に出張。

すすきのへの道すがら「テレビ父さん」の名で親しまれているさっぽろテレビ塔をパシャリ。
すすきのは「すすきの祭り(初日)」で凄い人出でした。

GXR、ISO1600はやはりノイズが気になりますが、まあこのサイズなら何とか・・・・。
それにしても写真を満足に撮るには1泊では流石に時間が足りませんwww
[PR]

by photonine | 2012-08-05 22:55 | Color | Comments(6)
2012年 08月 04日

RAMBLING MAN

d0262570_1234178.jpg


銀座4丁目交差点と言えば、銀座を象徴する代表的な場所の1つと言えるでしょう。その一角、三愛ビルの8~9Fがリコーのフォトギャラリー「RING CUBE」でした。 “でした”、と過去形なのは、残念ながら8Fのギャラリースペースがこの8月から休館となってしまったからです。8Fのみならず、今後はRING CUBE自体の消滅も検討されているのだとか・・・・。

・・・・・・

昨年GRD IVの発売を記念して「GRストリートスナップコンテスト」が開催されました。フィルム、デジタルを問わずGRシリーズで撮影された写真を対象としたフォトコンテストでしたが、僕の写真がなんとリコーさんの選んだ20点の中に残りまして、前述のRING CUBE 9Fで1ヶ月ほどスライド展示されました。それが今日の写真です。

僕にとって特別な場所となったRING CUBE・・・・それが消滅だなんて。出来れば存続してもらいたいけれど、どうなるのでしょうか。リコーさんにはこれからもカメラ部門、がんばってもらいたいと期待しているのですが・・・・。

GRD with Fisheye for HOLGA
[PR]

by photonine | 2012-08-04 13:30 | Color | Comments(0)
2012年 07月 23日

お気に入りの場所

d0262570_22473559.jpg


お気に入りの場所・・・・僕にとってはここでしょうか。
ふと気がつくと「またここで写真撮ってるなぁ」なんて場所です。
誰にもそんな場所がありますよね、きっと。

【LENS】 P. Angenieux Paris 15mm F1.3
[PR]

by photonine | 2012-07-23 23:01 | Color | Comments(5)
2012年 07月 12日

11Q2 #3

d0262570_2215415.jpg


1192年。この街の歴史は、この1192年から始まりました。

ここ3回ばかり「11Q2 」と銘打って記事を投稿してきましたが、そうなんです、これら3枚の写真はいずれも鎌倉で撮ったものなのでした。

鎌倉と言えば京都と同じように「古都」のイメージが強い街。実は写真を撮る上では、これが諸刃の剣になってしまう側面もあるんですよねぇ。気がついたら単調な「古都の観光写真」ばかりしか撮れていなかったなんて経験、ありませんか。僕なんて毎度毎度そんな調子(汗)
で、今回は『鎌倉を感じさせない鎌倉』というテーマを自分に課し(←ハードル高っ)、GXRと一緒に鎌倉をスナップしてきました。

・・・・・・

#1の写真は、かなり大胆なトリミングをしているんですけれどね、まあPCで見る分にはギリ堪えられるレベルかな、と。RAW現像ではなぜか上手く雰囲気が作れなかったので、JPEGをモノクロ化しています。

#2はノートリでRAW現像です。明るさとコントラストだけ少し弄っています。

#3は小町通りにある「ミカドコーヒー」さんの「モカ&エスプレッソ」。ここんちの定番メニュー「モカソフト」の中にエスプレッソを大胆に注いで頂くという贅沢な一品です。写真はノートリのJPEGをレタッチしたもの。

今回鎌倉をGXRで撮り歩いてみて思った事。それは予想以上にA12 28mmは良いぞって事でした。しばらくはGXRを一緒に連れて出歩く機会が増えそうな予感、です。
[PR]

by photonine | 2012-07-12 23:14 | Color | Comments(6)
2012年 07月 07日

ほおずき

d0262570_15244077.jpg


早いもので、もうそんな季節になったのですね。
今年の浅草寺のほおずき市は、7月9日(月)~10日(火)なのだそうです。
[PR]

by photonine | 2012-07-07 17:26 | Color | Comments(2)
2012年 07月 04日

CALPIS

d0262570_1673073.jpg


その昔、「カルピス」にはひとり一人思い入れのある濃さっていうのがありました。同世代の人ならわかってもらえると思います、おそらく。
だから「カルピスウォーター」の販売(1991年)は、ある種の事件でした。何故って、メーカーがカルピスの標準濃度を公式にしちゃった訳だから。「これが正しいカルピスの濃度ですよー」ってね。
僕も最初に「カルピスウォーター」を口にした時、「ん? こんなに薄かったの?」と衝撃(笑)を受けた事を今でも憶えています。

・・・・・・

話は変わりますが、フィルム・スキャンしている時、何故かよくこの「カルピス」の事を思い出すんですよねー。

スキャナは、そこに記録されている色をちゃんと正しく表現してくれているのか? 補正を加えた方が自分の見た色に近くなるけれど、それではフィルムの個性を殺してしまうのではないか?・・・・とかね。基準が無いから悩んでしまうのです。フィルムとスキャナの相性なんかの関係もあって、色の設定はとても難しいです。
で、よくよく考えてみると、これって「カルピスウォーター」が無かった頃の「カルピス」と似ているなぁと。

あの頃、どれが正しい「カルピス」の濃度かなんて考えなかったように、フィルム・スキャンも自分が美味しいと思える仕上げにしちゃうのが一番なんでしょうけれど、ね。

【Film】 KODAK PORTRA 160
[PR]

by photonine | 2012-07-04 17:48 | Color | Comments(2)
2012年 07月 01日

右足の蹴り出し方に関する考察

d0262570_21535560.jpg


滅多に使わないデジタル一眼レフですが、一応は持ってますwww
滅多に使わないので自分的には20Dで充分満足していますwww
滅多に使わないけれど、こういうシーンはなかなかAF無し・AE無しのマニュアル機で切り取るのは難しいですね。
だから滅多に使わないまでも手放す事が出来ません。

と言うわけで、僕にしてはとっても珍しい写真なのです・・・・。

【LENS】 EF-S55-250mm F4-5.6 IS
[PR]

by photonine | 2012-07-01 22:07 | Color | Comments(2)
2012年 06月 27日

JOY OF SNAP

d0262570_19594445.jpg


街を歩いていると、僕の目の前で突然お店のドアが開きました。

何のお店だかはわかりません。でも、そこにプリントされた金魚の絵と文字に目を惹かれました。僕はとっさにファインダーを覗き込んで、そこにピントを合わせます。フレームの半分にそのドアを、そしてもう半分に道行く人を配置して、

「どうかまだこのドアが閉まってしまいませんように」

と祈りながらシャッターを押しました。

・・・・・・

本当は僕、こういう写真が大好きなんです。
何てことない写真。奇をてらうことなく、どこにでもある日常。
でもそれは僕にとって、とてもスリリングな一瞬なんです。

JOY OF SNAP・・・・そんな一瞬に魅了される人って、きっと僕だけではないですよね。

【Film】 FUJI SUPERIA X-TRA 400
[PR]

by photonine | 2012-06-27 22:51 | Color | Comments(2)
2012年 06月 23日

風の吹き抜ける場所へ

d0262570_2215614.jpg


m4/3(マイクロ・フォーサーズ)機は、フランジバックが短く、アダプターを介して色々なレンズが楽しめるという利点があります。少し前まで僕もどっぷりハマっていたのですが、これはそんな時期に撮った1枚。撮影には「P.ANGENIEUX PARIS 75mm F2.5 TYPE P3」と言うCマウント・レンズ(シネ・レンズ)を使っています。いやぁ、シネ・レンズの描写って凄いです。さすが、どでかいスクリーンで上映する事を目的に使われたレンズって感じです。

どこまでも突き抜けるような夏の空がそろそろ恋しくなってきました。この「風の吹き抜ける場所」には、そんな季節が一番似合います。

【LENS】 P.ANGENIEUX PARIS 75mm F2.5 TYPE P3
[PR]

by photonine | 2012-06-23 14:01 | Color | Comments(0)
2012年 06月 15日

OPEN

d0262570_1363723.jpg


もし、僕の写真が誰かの目にとまってくれたのなら、それは多分感動していい位の偶然なんだと思います。
もし、僕の写真を誰かが「好き」と言ってくれるのなら、それはきっと感動していい位の奇跡なんだと思います。

・・・・・・

はじめましての人も、そうでない人もこんにちは。" nine " と申します。
違う場所では違う名前を名乗っていたりもするワケなのですが、ここはBlogってコトでシンプルにいかせてください。気軽にnineって呼んでくれると嬉しいです。

Blogを立ち上げるのは実に3年半ぶりです。その間色々なコミュニケーション・ツールを使ってきましたが、どうにもしっくり来るものが無かったな、っていうのが正直な感想。で、モトサヤのBlogに戻ってきたワケなのですが、実はPHOTO Blogは今回が初めてです。
(PHOTO Blogになるかどうかは、アヤしいトコもあるのですが・・・www)

・・・・・・

「思い通りの写真」を撮るためには「技術」や「知識」が必要で、「素敵な写真」を撮るためには「感性」が必要だっていうのが僕の持論。もしどちらかを軽んじてどちらか一方に偏ってしまう人がいたとしたら、僕にはそれがとても勿体無い事のように思えます。だから僕はそのどちらも大切にしていきたいと考えています。

そして、僕の「好き」とあなたの「好き」が一緒だったら、きっと喜びます。案外シンプルなんです、たぶんwww
[PR]

by photonine | 2012-06-15 18:00 | Color | Comments(4)