カテゴリ:Monochrome( 179 )


2017年 02月 25日

2月の雨はご機嫌ななめ

d0262570_10440381.jpg

[PR]

by photonine | 2017-02-25 23:17 | Monochrome | Comments(0)
2017年 02月 05日

enjoy solitude

d0262570_18595837.jpg




[PR]

by photonine | 2017-02-05 08:40 | Monochrome | Comments(0)
2017年 01月 30日

大好きPUDDING

d0262570_18531655.jpg
鎌倉 Milk Hallのプリン。
近頃のプリンといえば、なめらかでクリーミーなものが主流のようですが、僕は断然ハード系のほうが好き。
ここのは「焼きプリン」で、しっかりハードで、カラメルがちゃんと苦味があって、僕の好みにドンピシャなのです。



[PR]

by photonine | 2017-01-30 23:55 | Monochrome | Comments(2)
2016年 12月 29日

New Year's holiday

d0262570_18373816.jpg


年末年始休暇くらいゆっくりと珈琲でも飲んで過ごしたいのだけれど、大掃除がまだ・・・・。
と言う訳で、美味しい珈琲までの道のりはまだまだ遠いと思う、たぶん。
[PR]

by photonine | 2016-12-29 02:12 | Monochrome | Comments(0)
2016年 12月 27日

今宵、楽しく

d0262570_17455788.jpg
仕事関係の忘年会も一通り終わり、これからの残りの日々は気の許せる仲間とゆっくりと、いう人も多いのではないでしょうか。



[PR]

by photonine | 2016-12-27 20:15 | Monochrome | Comments(0)
2016年 12月 26日

homme de la marionnette

d0262570_1048666.jpg

[PR]

by photonine | 2016-12-26 00:00 | Monochrome | Comments(0)
2016年 12月 25日

MERRY CHRISTMAS 2016

d0262570_1013775.jpg

[PR]

by photonine | 2016-12-25 10:05 | Monochrome | Comments(0)
2016年 12月 24日

クリスマスだからいうわけじゃないけど

d0262570_16392021.jpg
やっぱり人が写っている写真がいいなぁと思うのです。
でも、人をフレームに入れる時は、すごく勇気がいるのです。
そして、すごく気を使うのです。
不審に思われないように。不愉快な思いをさせないように。
あるいは、そっと邪魔をしないように。




[PR]

by photonine | 2016-12-24 00:01 | Monochrome | Comments(0)
2016年 12月 23日

美学

d0262570_15194724.jpg


薄味じゃなくてね ちょうどいいのがいいんだよ
よくみんなね 薄味でいいねっていう
ちょうどいいっていうのは1か所しかない

薄味はどこまでいっても薄味 濃いのはどこまでいっても濃いんだよ
それは逃げ
ギリギリだからこそお客さん一口食った瞬間に「うまいって」
際(きわ)だからうまい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よく見たら「ここにありました! これでしょ?」って誰かが見つけた

でもそのちっちゃい穴を見つけてもね 俺はねそれをものすごく深く深く掘っているから
だからのぞいても見えないように そういう仕事を俺はする

でも そこへね 潜って来てみて そんな細い深いちっちゃい穴に
入って来てみたらね そこに野球のグラウンドぐらい俺の世界を広げてあるよ、と
迷子になるくらい広げとくから 
そういう仕事をしたい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは、とある番組で天ぷら職人の早乙女 哲哉さんが語っていた言葉です。
心にすごく響きました。

誰かの言葉に魅了されるなんてことは、歳を重ねるにつれ段々と減っていきます。
きっと自我が確立され、価値観が確立され、人生観が確立されていくからなんでしょう。
「そうは言ってもね」・・・・と、誰かの言葉を咀嚼し、消化します。
そして、自分の考えとは違うな、と受け流していきます。
だから、感銘を受けるなんてことは少なくなっていくわけです。

僕はあくまでアマチュアのカメラ好きってだけだけれど、この早乙女さんの哲学・・・・美学のように写真に向き合っていきたいなと、そんな風に思います。

それから早乙女さんは、弟子入りした18歳の女の子が思うように魚(きす)をさばけないのを見ながら、こんな風にも言っていました。
「たくさんやるから上手くなると思うでしょ。そうじゃなくて、やればやるほど下手になるもんなんだよ」

きっと「悩み、試行錯誤し、遠回りをしなければ一人前にはなれない」・・・・そういう意味を込めた言葉だろうと推察します。
写真も同じですね。時々「以前のほうが上手く写真が撮れていたんじゃないか」と自信をなくしてしまうことがあります。きっとこういう気持ちは多かれ少なかれみなさんの中にもあるのではないでしょうか。
そうなんですよね、きっと撮れば撮るほど下手になっていくんでしょうね。でもそれでいいんだろうなぁ。そうなるしかないんだろうなぁ・・・・。

【Film】   ILFORD XP2 Super 400
【Scanner】 Nikon COOLSCAN V
[PR]

by photonine | 2016-12-23 16:06 | Monochrome | Comments(0)
2016年 12月 20日

郷愁

d0262570_1237147.jpg


上野と言う街は、いつも僕に「故郷(ふるさと)」という言葉を想い起こさせる。

横浜生まれの横浜育ちだから、僕には横浜以外に故郷と呼べる場所はない。60年代にピークを迎えた集団就職なんていうのも、それを伝える文章や当時の映像でしか目にしたことはない。だから僕が上野に特別な郷愁を感じる謂れは全くない。
今は新幹線が点と点を結び、飛行機が点と点を結ぶ時代だ。上野がその"点"である役目はとっくの昔に終わってしまっている。それでも上野という街には、不思議と「故郷」という言葉を想い起こさせるなにかがあるように思える。

そしてその故郷は、僕に優しさとぬくもりを思いださせてくれる。そこでは懐かしい思い出と懐かしい人々が、いつでも誰かの帰りを待っている。



[PR]

by photonine | 2016-12-20 00:00 | Monochrome | Comments(2)