<   2015年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 30日

琥珀色の微睡み

d0262570_2312162.jpg


ズマール用に中間リングを衝動買いしてしまいました。とーっても安かったのです。

「ピントは目測だよなー」

「でも、きっと接写が出来るよなー」

・・・・そんな軽い気持ち。

しかし、ピント合わせるのが大変(笑) 薄いのなんのって・・・・距離を調整しながら、何枚も撮ってしまいました。結果としては約20cmぐらいまで寄れる感じです。

というワケで、遊び道具が1つ増えました。今回はテキトーな試し撮りですが、使い方次第では新しいズマールの魅力を引き出せるかも・・・・。
[PR]

by photonine | 2015-03-30 00:05 | Color | Comments(2)
2015年 03月 28日

While My Guitar Gently Weep

d0262570_12145993.jpg


年度末という事で、それなりに忙しく、Guitarを弾く暇などもありません。
今日は天気が良さそうなので、久しぶりにカメラを持って出掛けてみようかな。
Guitarは夜にでも少し・・・・。
[PR]

by photonine | 2015-03-28 12:11 | Monochrome | Comments(0)
2015年 03月 20日

PORTRAIT

d0262570_1824199.jpg


人間国宝 平田郷陽の作品「粧(よそお)い」。
ポートレートのモデルになってくれる人がいない(涙目)ため、人形にモデルになってもらいました。

実物はもっと色香立つ大人の女性の表情をしているのですが、撮る角度などを変えて、その中に残るあどけなさを表現してみました。自分的には、かなりお気に入りの1枚です。
[PR]

by photonine | 2015-03-20 00:00 | Monochrome | Comments(4)
2015年 03月 17日

光と影と静寂の中で

d0262570_17165993.jpg


【Film】 FUJI NEOPAN SS (Darkless Film Development)
[PR]

by photonine | 2015-03-17 00:00 | Monochrome | Comments(2)
2015年 03月 15日

Smell like heaven

d0262570_1434313.jpg


相変わらず90mmレンズ購入の検討に余念が無いNINEです(笑)

エルマー 9cmの固定、沈胴、トリプレット、それからエルマーC 90mm(Mロッコール 90mm)・・・・おそらくこれらの中から最終的に絞り込むことになるかな、と。

希少性やLeica銘であるか否かやコレクターズアイテムとしての価値等は特に自分は気にしておらず、好みの写りのレンズを手に入れたいと思っていますが、はてさて、どうなることやら。

今のところ、購入筆頭候補はエルマーC 90mm。いずれのレンズも実際に使ったことがないから、WEB上の限られた作例を見ての判断でしかありませんが、一番自分の好みに近い気がします。開放からシャープで色調も好み、その上コンパクトなレンズですね。
「開放での描写は素晴らしいが、絞り込んでいった時の変化がほとんど感じられない」と酷評されることもあるようですが、この開放時のレベルを絞り込んで維持出来ているのなら、何の不満もありません。

ただ、このレンズは、ご存知のとおりライカCL用のレンズ。傾斜カムを採用していてM型Leicaでピントがあう個体とあわない固体があるのだそうです。両者の識別法や個体差がある理由は、どこをどう探しても見つけることができません。いやあ、参ったな(笑) つまりこれ、怖くてネットでは手が出せないということ。おまけにフィルターのネジ切りのピッチも特殊なもので、後々が色々面倒(ピッチの問題はebayでピッチ変換リングを購入するとか、あるいはMロッコール 90mmを買うとかで解決できますが・・・・)なんですよね。

次点はエルマー 9cm(トリプレット)。
当初は高値の花と思って諦めていたトリプレットですが、素敵な作例を見つける度にやっぱりいいなあと。で、再考の対象にしました。こいつを買うなら、また清水の舞台から飛び降りないとね(笑)
作例を見ての感想ですが、一貫して言えるのは確かにシャープ。そしてただシャープなだけではなく、何か不思議な力を持ったレンズだなと。
ボケは、モノクロではあまり目立たないようですが、カラーの作例を見ると若干暴れる傾向があるように見えます。ちなみにモノクロの描写は本当に惚れ惚れする印象で、価格がもう少し安くて、モノクロ限定使用を考えるのであれば、迷わずこれを選ぶかな。逆光にも強いようです。

で、さらに次点は沈胴エルマー 9cm。
「ライカの90mmにハズレなし」・・・・と世間では言われているのだとか。また、「トリプレットと普通のエルマーで撮影した写真を並べ、どちらがどちらかを当ててみろといわれてもきっと当てられない」と言われている程、トリプレット以外のエルマー 9cmの描写も素晴らしいと。確かに作例を見ると、そう思います。
むしろ前記したボケに関してはトリプレットじゃないほうがまろやかに感じます(あくまで個人的感想です。僕が見た作例にもよると思うので)。でも逆光には明らかに弱そうです。

使用にあたっての色々な傾向や作法を知らなければ、自分の望みは叶えられない。難しいけれど楽しいLeicaレンズ選びの世界。ホント、レンズ沼にずぶずぶ沈んでいくのが自分でもよくわかります(笑)

【Film】 FUJI NEOPAN SS (Darkless Film Development)
[PR]

by photonine | 2015-03-15 16:05 | Monochrome | Comments(0)
2015年 03月 13日

Called Jack Tower #3

d0262570_1474416.jpg

[PR]

by photonine | 2015-03-13 00:00 | Monochrome | Comments(2)
2015年 03月 10日

Flower at night

d0262570_1442574.jpg


どうにも花屋さんを撮るのが好きなのです。
[PR]

by photonine | 2015-03-10 00:00 | Color | Comments(0)
2015年 03月 08日

HARMONICA BREATH

d0262570_13183030.jpg


新宿に思い出横丁やゴールデン街があるように、ヨコハマにもそれらに劣らない野毛や都橋商店街といったディープな繁華街があります。
近年は、インバウンド(訪日外国人旅行)でも注目を集めており、夜の賑わいの中で異国の人たちの姿を見る機会も多くなりました。

ハマの桜の名所でもある大岡川。その緩やかなカーブに沿って建つ長屋風の飲み屋街が都橋商店街です。商店街というよりはバーやスナックが密集した飲食店街で、その様相から地元では「ハーモニカ横丁」の愛称でも親しまれています。

今夜もみなさん、素敵な夜をお過ごしのようですよ。
[PR]

by photonine | 2015-03-08 13:55 | Color | Comments(0)
2015年 03月 07日

強く儚い者たち

d0262570_053831.jpg


昨春M3を入手した頃からピターっと治まっていたので、自分でもホッとしていたのだけれど、久しぶりに発症してしまいました。何が?って、花粉症ではなく『物欲』の話です。
芽吹きの春を迎えようとしている今、僕の物欲もムクムク成長なう(笑) で、何が欲しいかと言えば、それは9cmのレンズ。狙っているのはエルマーです。

9cm(90mm)のエルマーは、どの世代の写りも評判が良く、実際Flickrで作例などを見ても「うん、イイ!」と症状が更に加速するばかり(笑) さすがにトリプレットの写りは素晴らしいなと感じるところがありますが、僕にとっては高値の花。まあ、レアな品を狙わなければ、お財布にも優しいレンズだし、外観に使用感があっても良いから綺麗なレンズの固体を狙っています。どこかに落ちてないかな、そんなエルマー(←そんなコト絶対に、ない 笑)

モノって、買うまでにこうやって悩む時間が楽しいんですよね。まっ、そういう意味では今は毎日を満喫しています(笑)
[PR]

by photonine | 2015-03-07 23:58 | Monochrome | Comments(0)
2015年 03月 01日

Called Jack Tower #2

d0262570_19511626.jpg


こうしてみるとエルマー3.5cm F3.5もなかなかやるもんだ、と思います。

何度も書いているけれど、僕のエルマー3.5cmは、シリアル無し、距離計非連動のニッケルエルマーです。
購入時の状態では無限が出なかった固体で、銀座の田鹿さんに修理・改造してもらったもの。

細かい話になるけれど、0マークも無いことから、おそらくフランジバックが統一される前の固体だと思われます(この辺り興味の無い方はすっ飛ばして読んでください 笑)。

いや、何が言いたいかといえば、固体の特徴から想像するに、製造発売年は1930年。1930年ですよ! 今から85年も前のレンズなのです。デジカメが世の主流になることも、誰もがスマホで簡単に写真を楽しめることも全く想像できなかった時代。第二次世界大戦だってまだ始まっていない。よくぞ壊れることなく、無事に僕の手元に届いてくれたものです。フレア、ゴーストは勿論発生します。でも、そんなのは当たり前。逆に出なかったら少し疑っちゃいます。

そんなエルマーに感謝の意を込めて、目測ピントのぶらぶら散歩、もう少し続きます(笑)
[PR]

by photonine | 2015-03-01 00:00 | Monochrome | Comments(0)