<   2017年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2017年 03月 15日

積もる雪と古都の物語 ~金沢・富山の旅 2017 #6~

d0262570_10172505.jpg
金沢21世紀美術館。
有名なレアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」です。

ここは真夏のピーカンの日中に行きたいですねー。ギラギラ太陽の下で、夏の光が差し込んで・・・・みたいなシチュエーションで。
WEBで探すとたくさんそれっぽい写真を見つけることができます。僕も事前にチェックした時は、そんなイメージに心躍らせていたのですが・・・・。

プールの水面下からの撮影であれ、外からプールの中を覗くのであれ、水の透明度と強い光がないとなかなかあの雰囲気のある「プール感」が出せないのだと思い知らされました。この日の気温は氷点下。天気は雪が降ったりやんだりで、水面には一部薄氷が張っている。これで真夏のプール感出せと言われても土台無理な話です(笑) そりゃ仕方ないですな。真冬に訪れてるこっちに非があります。

普通に撮って出しの写真だと、単なる「水色の部屋」(笑)になっちゃうんで、久しぶりにがっつりレタッチしてみました。夏の、あの開放的なプールの雰囲気は出せなくても、薄氷の張った冬のプールのイメージなら・・・・。

[PR]

by photonine | 2017-03-15 00:02 | Color | Comments(2)
2017年 03月 13日

積もる雪と古都の物語 ~金沢・富山の旅 2017 #5~

d0262570_00305990.jpg
d0262570_19084751.jpg



[PR]

by photonine | 2017-03-13 00:05 | Sepia | Comments(0)
2017年 03月 12日

積もる雪と古都の物語 ~金沢・富山の旅 2017 #4~

d0262570_19023951.jpg
ベタなチョイスですが、やっぱりここに行かない訳にはいきません。

[PR]

by photonine | 2017-03-12 00:00 | Color | Comments(0)
2017年 03月 10日

積もる雪と古都の物語 ~金沢・富山の旅 2017 #3~

降り続く雪。
d0262570_15303608.jpg
G Planar T* 45mm F2
d0262570_16491946.jpg
Elmar-C 90mm F4
d0262570_16061505.jpg
G Planar T* 45mm F2

モコモコ重ね着は嫌だったので、今回の旅用にpatagoniaのトレントシェルジャケットを購入しました。セール時期だったので、少しお安くGETできました。色はあえての赤をチョイス。極寒の地って訳でなければ、こいつとユニクロのウルトラライトダウンぐらいで防寒は充分だと思います。ベンチレーション機能もあるし、同じ組み合わせでタウンユースも可能かと。今後のヘビロテ決定!です。 ちなみにブーツはお気に入りのParabootです。


[PR]

by photonine | 2017-03-10 00:02 | Color | Comments(0)
2017年 03月 08日

積もる雪と古都の物語 ~金沢・富山の旅 2017 #2~

d0262570_15040193.jpg
G Biogon T* 28mm F2.8

部屋の窓を開けて撮影。窓を開けた途端、寒風が部屋に流れ込みます。指がかじかんで一度にあまり多くのシャッターが切れません。

d0262570_16274635.jpg

COLOR SKOPAR 21mm F4

COLOR SKOPAR 21mmでの撮影です。中心部はしっかり解像していて気持ちが良いのですが、周辺部には流れがあり、少しマゼンタ被りもしているようです。21mmだしM9-Pでの撮影ではこのくらいは仕方ないかな。

写真を撮っている数分の間に天候が猫の目のように変わります。さっき雲の切れ間から青い空がちらりと覗いていたかと思えば、いきなり吹雪いてきたり・・・・。窓からぼんやり外を眺めているだけで、全く飽きません。ここの時間はずっと前からこんな風に流れてきたのでしょう。


[PR]

by photonine | 2017-03-08 00:00 | Color | Comments(0)
2017年 03月 06日

積もる雪と古都の物語 ~金沢・富山の旅 2017 #1~

d0262570_17482609.jpg
先月末、金沢・富山を旅してきました。
富山は宇奈月温泉に宿泊したのみでしたが、老舗宿の温泉、お料理、おもてなしに大満足。今や入手困難と言われている日本酒「勝駒」も夕食の際楽しむことができて、すっかり夢心地でした。
窓の外には雪景の大パノラマ。ネイチャー系の写真にはとんと縁のない僕ですが、これだけ美しい景色を目の前にするとシャッターを切る回数も自然と増えてしまいます。

・・・・というわけで北陸旅行記、しばらくお付き合いくださいませ。


[PR]

by photonine | 2017-03-06 06:00 | Monochrome | Comments(4)
2017年 03月 05日

CHANGE THE METHOD #4 ~ビオゴン危機一髪 Leica 6bit code 編~

はい、今日の記事のタイトル見てクスっと笑った人は、結構年いってる人だと思います。「燃えよビオゴン」にしようかと思ったけれど、あまりにベタなのでやめたことは内緒です(笑)

さて、本題に戻ります。おさらいですが、
①宮崎改造Biogonのマウント部は黒色。
②白のペイントマーカーでコーディングしたが、6bit認識せず
③下地を白にした上に黒のペイントマーカーでコーディングしたが、6bit認識せず
が前回までにお伝えした内容でした。
今回は、その続きのお話です。


More
[PR]

by photonine | 2017-03-05 12:41 | 写真に関するエトセトラ | Comments(0)
2017年 03月 04日

CHANGE THE METHOD #3 ~白と黒の迷宮 Leica 6bit code 編~

Leica MシリーズはM8からデジタルとなりました。このデジタル化に合わせLeicaはレンズ識別システムを導入しました。いわゆる6bitコードと呼ばれるものです。どんなものかというと、こんな感じです。

Leica Lens Code

レンズの接合部に白または黒のマークを6個配置し、この組み合わせをボディ側のセンサーで読み込ませレンズを識別するという仕組みになっています。

しかーし、です。古いレンズはどーすんの?・・・・ってコトになるわけですよ。だってこんな白と黒の表示、古いレンズには付いていないわけですから。
で、M9以降はマニュアル設定できるようになりました。「古いレンズはメニューにあるレンズの中から類似するものを選択してね」っていう心遣いです。ありがとう、Leica!

でもね、ついつい忘れちゃうんですよ。若くないから。レンズ交換したらマニュアル設定し直してっていう単純な作業が面倒臭いんですよ、若くないから。
僕と同じ理由かはさておき、古いレンズを自動で6bitコード認識させられないか、と考える人はたくさんいるようで、皆さん多かれ少なかれ苦労されているわけです。
本日は、そんな非6bitレンズを自動認識させるまでのワタクシNINEの改造奮闘記をお届けします!


More
[PR]

by photonine | 2017-03-04 12:32 | 写真に関するエトセトラ | Comments(0)