タグ:HASSELBLAD 500C ( 22 ) タグの人気記事


2017年 10月 29日

PERSIMMON - 柿 -

d0262570_17001686.jpg
撮るものが無いので頂き物の柿などを・・・・。滅多にブツ撮りなどしないので、少し新鮮。
HASSELNUTSで撮影。ちょっと画が絵画っぽくなるけれど、まあ仕方がない。ここまでできれば雨の休日の暇つぶしには充分か。


[PR]

by photonine | 2017-10-29 17:07 | Color | Comments(2)
2017年 10月 17日

マロニエ通りにて

d0262570_21244648.jpg
コマーシャルフォト風に・・・・。
僕らの世代にとって松田優作というのは特別な存在の俳優さんでした。
とりわけ「探偵物語」という作品から僕が受けたファッション、ライフスタイルなどの影響は大きく、それは今の僕の中にも色濃く、しっかりと根付き残っています。ドラマのカメラワークもいちいち毎回カッコよかったなぁ。
そして最もインパクトが大きかったのは、オープニングとエンディング。場所やシチュエーションは違えど、今回のような写真を好んで撮るのは、明らかにこの探偵物語のエンディングからの影響が大きいように思います。


[PR]

by photonine | 2017-10-17 00:00 | Color | Comments(4)
2017年 10月 15日

くもり、時々雨

d0262570_11485892.jpg

ハッセルを持って久しぶりに銀座で撮影。
ハッセルナッツは気軽にハッセルブラッドでデジタル撮影が楽しめるガジェットで、これはこれでとっても便利なのだけれど、設定がかなり面倒なのが難点。
まずハッセルでピントを合わせた後ミラーアップ。今度はiPhone側アプリのLive view設定でフォーカス補正と露出合わせ。
続いてアプリをSync Shutterにして、ハッセルをミラーダウン。ここまでやってようやく撮影体制に入ります。毎回この手順を踏まなければならない。いくらマニュアル撮影好きな私でも、ここまで面倒なのはちょっと。もはやスナップ撮影なんて苦行…いや無理なレベルです。

頭の中で撮りたい写真をイメージする。撮影場所を決め、カメラの設定をする。あとはハッセルのスクリーンマットをずっと睨み続ける。自分のイメージにリンクした瞬間、シャッターボタンを押し込む。これがハッセルナッツで撮影をする時のスタイル。時間の流れ方がLeicaとはずいぶん違って、頭の切り替えが大変です。


[PR]

by photonine | 2017-10-15 11:47 | Monochrome | Comments(0)
2017年 09月 24日

秋は足早に

d0262570_18032196.jpg
ご無沙汰しています。
Blog開設以来、投稿間隔がこんなに長くなったのは初めだと思います。

前回UPした記事にも書いた通り、外付HDDがクラッシュし、その後どうにも写真を撮る意欲が湧いてこない日々が続いているのです。
虚無感・・・・というか。

まだHDDの復旧は外注していません。「これは復旧できません」なんて宣告を受けるのが怖くて。案外自分、脆い人だったんだなと気づかされます。

写真の幾つかはクラッシュしたHDD以外にバックアップが残っていました。そんな中の1枚がとあるコンテストで入賞しました。でも全然嬉しくないんです。
重症だな・・・・w

【Film】   Kodak T-MAX100 120
【Scanner】 EPSON GT-X770

[PR]

by photonine | 2017-09-24 18:22 | Monochrome | Comments(4)
2017年 07月 24日

夜とスクーター

d0262570_00445198.jpg
久しぶりにスクーター写真。

ところでこの週末、画像を保存していた外付HDDがクラッシュしました。
他にバックアップはとっていなかったから、ここ20年くらいの画像データがもしかしたら全滅かも・・・・。いや、そんなことになったらホント困る!

幾つかHDDのデータ復旧業者にメールで連絡しています。データ復旧って高いんですねー。とほほ。でも背に腹はかえられません。
どこか良い業者知っている方、情報お寄せください。結構切実です(涙)。

【Film】   FUJI PRO160NS 120 (Converted to BW)
【Scanner】 EPSON GT-X770


[PR]

by photonine | 2017-07-24 00:54 | Monochrome | Comments(2)
2017年 06月 23日

風をあつめて

d0262570_13515315.jpg
それで ぼくも 風をあつめて
風をあつめて 風をあつめて
蒼空を翔けたいんです 蒼空を

・・・・HASSELNUTS持って、久しぶりに海に出ました。



[PR]

by photonine | 2017-06-23 06:00 | Monochrome | Comments(2)
2017年 06月 03日

RAIL



d0262570_18192372.jpg
ひたちなか海浜鉄道 湊線。
いいですねー、ローカル線は。電車内にごみ箱とかあって、もう本当にほのぼのしました。
これで混んでなければ、もっと良かったんだけどなぁ・・・。

[PR]

by photonine | 2017-06-03 06:00 | Monochrome | Comments(2)
2017年 06月 01日

HASSELNUTS!

d0262570_15330076.jpg
ここのところほぼ1か月遅れで写真をUPしている当Blog。今回はGWの写真です。
この写真、HASSELBLADでの撮影ですが、フィルム撮影ではありません。デジタル撮影です。デジタルバック!? いえいえ、そんな高価なもの、私には買えません。そう、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、これHASSELNUTSによる撮影なんです。

HASSELNUTSは、HASSELBLAD(V-system)のフィルムマガジン部分にiPhoneを装着し、このiPhoneを使ってデジタル撮影を可能にするマウントキットです。まあ百聞は一見に如かず、こちらをご覧ください。



なぜこんなことができるのかっていうと、簡単に言えばキットのフォーカシングスクリーンに投影された画像を、内部のワイコンレンズでiPhoneのレンズ位置、焦点に最適化するといった、そんな構造のようです。
所詮はおもちゃですが、でもね、面白いじゃないですか、こういうの。この手のギミック、大好きなのです。だから画質は度返しで購入。なぜ今更か、っていうと最近iPhone SEを新たに入手したから。これ6シリーズ、7シリーズでは使えません。

周辺減光、トーンジャンプに加えフォーカシングスクリーンのざらつきの残存がかなり酷いです。しかし既にWEB上にあげられたレビューや作例から画質に大きな期待が持て無いだろうことは承知済みでした。レタッチで今回の写真くらいまでは修復可能ですし、撮影条件によっては、まずまずの結果を得られることもあります。周辺減光を逆手にとって…なんていう創作もアリだし。何よりHASSELでデジタル撮影ていうのはなかなか新鮮で面白いです。


[PR]

by photonine | 2017-06-01 06:00 | Color | Comments(0)
2017年 05月 26日

Angel Wing

d0262570_13034570.jpg
1人でいる女性に「写真を撮らせてもらってもいいですか」と正式にお願いしたのは、生涯で彼女が二人目。
上野恩賜公園で一人でお花見をしていた女の子。実は彼女、カナダ人なのだそうです。

遠目から彼女を見つけ、まず「なんで外国人の女の子が、一人ぽつんとお花見をしているのか」に興味をそそられました。シートには飲み干した缶チューハイのロング缶が2本。3本目の缶チューハイを片手に持ち、もう一方の手で器用にiPhoneを操りながら、ほとんど散り落ちた桜の木の下に彼女はじっと座っていました。

時折通り過ぎる酔っ払いたちが冷やかし半分で彼女に声をかけますが、反応はなし。僕が声をかけても同じだろうと一度は諦めました。しかし意を決して背中のTATOOの写真を撮らせてほしいことを話すと、片言の日本語で「いいですよ」と。彼女、留学生で、日本の桜が大好きなのだそうです。

マニュアルカメラで写真を撮られることに慣れていないのでしょう。HASSELBLADのピントを合わせる時間が気になる様子。その短い時間が彼女を少し緊張させたようです。写った後ろ姿にその緊張が表れていて、なんだかそれがすごく自然でいい感じ。とっても好きな写真になりました。

【Film】   FUJI Velvia 100 (Converted to BW)
【Scanner】 EPSON GT-X770


[PR]

by photonine | 2017-05-26 00:00 | Monochrome | Comments(2)
2017年 05月 24日

色は匂へど散りぬるを

d0262570_12183481.jpg
HASSELBLADを使い始めてからずっと感じていた『このHASSEL、ピントきてるのかな』、『フラットベッドのスキャナーって、こんなもんなのだろうか』の二つの疑問。今までフィルムスキャン後の画像しか見ていなかったから、確認のしようがありませんでした。
プリントすれば早いのだけれど、今回はリバーサルフィルムを使って検証。フィルム自体のはっしょくも確認できるし、一石二鳥と考えました。

で、結論。
ピントはちゃんときているし、露出も色味も問題なし。やっぱりスキャナーがダメダメなんだなぁ、と。まあ、仕方ありません。HASSEL購入後、早く画像をデジタル化したくて中古スキャナーを3千円そこそこでヤフオク購入。それが今使っているフラットベッドスキャナー EPSON GT-X770なのですから(かなりクタクタな商品)。3千円ですよ、3千円。文句言ってはダメですよねー(笑)
スキャン時のヒストグラム調整や、その後のPhotoshopでの調整などでなんとか見られる画にしてきたけれど、EPSONのフラッグシップ機を使えば今より格段に調整が楽になるんだろうな、と思っています。今すぐどうこうというわけではないけれど、将来的には購入を検討してみよっと。

【Film】   FUJI Velvia 100
【Scanner】 EPSON GT-X770


[PR]

by photonine | 2017-05-24 00:00 | Color | Comments(0)