タグ:HASSELNUTS ( 6 ) タグの人気記事


2017年 10月 29日

PERSIMMON - 柿 -

d0262570_17001686.jpg
撮るものが無いので頂き物の柿などを・・・・。滅多にブツ撮りなどしないので、少し新鮮。
HASSELNUTSで撮影。ちょっと画が絵画っぽくなるけれど、まあ仕方がない。ここまでできれば雨の休日の暇つぶしには充分か。


[PR]

by photonine | 2017-10-29 17:07 | Color | Comments(2)
2017年 10月 17日

マロニエ通りにて

d0262570_21244648.jpg
コマーシャルフォト風に・・・・。
僕らの世代にとって松田優作というのは特別な存在の俳優さんでした。
とりわけ「探偵物語」という作品から僕が受けたファッション、ライフスタイルなどの影響は大きく、それは今の僕の中にも色濃く、しっかりと根付き残っています。ドラマのカメラワークもいちいち毎回カッコよかったなぁ。
そして最もインパクトが大きかったのは、オープニングとエンディング。場所やシチュエーションは違えど、今回のような写真を好んで撮るのは、明らかにこの探偵物語のエンディングからの影響が大きいように思います。


[PR]

by photonine | 2017-10-17 00:00 | Color | Comments(4)
2017年 10月 15日

くもり、時々雨

d0262570_11485892.jpg

ハッセルを持って久しぶりに銀座で撮影。
ハッセルナッツは気軽にハッセルブラッドでデジタル撮影が楽しめるガジェットで、これはこれでとっても便利なのだけれど、設定がかなり面倒なのが難点。
まずハッセルでピントを合わせた後ミラーアップ。今度はiPhone側アプリのLive view設定でフォーカス補正と露出合わせ。
続いてアプリをSync Shutterにして、ハッセルをミラーダウン。ここまでやってようやく撮影体制に入ります。毎回この手順を踏まなければならない。いくらマニュアル撮影好きな私でも、ここまで面倒なのはちょっと。もはやスナップ撮影なんて苦行…いや無理なレベルです。

頭の中で撮りたい写真をイメージする。撮影場所を決め、カメラの設定をする。あとはハッセルのスクリーンマットをずっと睨み続ける。自分のイメージにリンクした瞬間、シャッターボタンを押し込む。これがハッセルナッツで撮影をする時のスタイル。時間の流れ方がLeicaとはずいぶん違って、頭の切り替えが大変です。


[PR]

by photonine | 2017-10-15 11:47 | Monochrome | Comments(0)
2017年 06月 23日

風をあつめて

d0262570_13515315.jpg
それで ぼくも 風をあつめて
風をあつめて 風をあつめて
蒼空を翔けたいんです 蒼空を

・・・・HASSELNUTS持って、久しぶりに海に出ました。



[PR]

by photonine | 2017-06-23 06:00 | Monochrome | Comments(2)
2017年 06月 03日

RAIL



d0262570_18192372.jpg
ひたちなか海浜鉄道 湊線。
いいですねー、ローカル線は。電車内にごみ箱とかあって、もう本当にほのぼのしました。
これで混んでなければ、もっと良かったんだけどなぁ・・・。

[PR]

by photonine | 2017-06-03 06:00 | Monochrome | Comments(2)
2017年 06月 01日

HASSELNUTS!

d0262570_15330076.jpg
ここのところほぼ1か月遅れで写真をUPしている当Blog。今回はGWの写真です。
この写真、HASSELBLADでの撮影ですが、フィルム撮影ではありません。デジタル撮影です。デジタルバック!? いえいえ、そんな高価なもの、私には買えません。そう、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、これHASSELNUTSによる撮影なんです。

HASSELNUTSは、HASSELBLAD(V-system)のフィルムマガジン部分にiPhoneを装着し、このiPhoneを使ってデジタル撮影を可能にするマウントキットです。まあ百聞は一見に如かず、こちらをご覧ください。



なぜこんなことができるのかっていうと、簡単に言えばキットのフォーカシングスクリーンに投影された画像を、内部のワイコンレンズでiPhoneのレンズ位置、焦点に最適化するといった、そんな構造のようです。
所詮はおもちゃですが、でもね、面白いじゃないですか、こういうの。この手のギミック、大好きなのです。だから画質は度返しで購入。なぜ今更か、っていうと最近iPhone SEを新たに入手したから。これ6シリーズ、7シリーズでは使えません。

周辺減光、トーンジャンプに加えフォーカシングスクリーンのざらつきの残存がかなり酷いです。しかし既にWEB上にあげられたレビューや作例から画質に大きな期待が持て無いだろうことは承知済みでした。レタッチで今回の写真くらいまでは修復可能ですし、撮影条件によっては、まずまずの結果を得られることもあります。周辺減光を逆手にとって…なんていう創作もアリだし。何よりHASSELでデジタル撮影ていうのはなかなか新鮮で面白いです。


[PR]

by photonine | 2017-06-01 06:00 | Color | Comments(0)