タグ:ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 ( 5 ) タグの人気記事


2014年 12月 18日

Overcast Sky

d0262570_1851234.jpg


せっかくのUWHですが、水平を整えるため、少しトリミングしています。ちゃんと水平をとる、と言うのも今後の課題の1つ。

トリミングについて、僕は過剰なほどの否定論者ではなく、むしろ自分自身ではよくトリミングをする方かな、と思っているのですが、例えばこの写真のように超広角レンズを使っているにも関わらず、その恩恵を捨ててしまうのは、やはり勿体無いなあと思います。

ちゃんと水平をとっていれば何の問題もないのなら、撮影時にもう少し気を使おうと。些細な事ですが、とても大事な事だと今更ながら気付かされています。


【Film】 KODAK PORTRA 160

[PR]

by photonine | 2014-12-18 01:00 | Monochrome | Comments(0)
2014年 03月 02日

ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6の描写

以前、『Summar 5cm f2 の実力』という記事をUPしました。

「Summar」や「NOKTON 35mm F1.4」は、現行の純正レンズに比べ、かなり安価に入手することが出来ることから、初めてのMマウントレンズにと、あるいはMレンズのレパートリーを増やしたいと考えている人に注目されることの多いレンズなのでしょう。実際、私もそうでした。そうした人たちのお役に少しでも立てれば・・・・そんな気持ちで記事をUPしました。

この2本に続いて検索が多いのがUWH・・・・「Voigtlander ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6」です。ただ、UWHと既出2本のレンズの検索目的は少し異なるものだと思っています。UWHで検索される人の最大の興味は「M9でUWHを使った場合、色被りや周辺減光はどんな感じか?」ではないでしょうか。

d0262570_15312916.jpg

結論から言ってしまえば、私にはこの色被りや周辺減光は許容範囲のレベルです。誤解の無いように付け加えれば、それは「私には」であり、色被りや周辺減光が " 無い " という意味ではありません。あくまでも価値観の問題と捉えてください。

色被りはRAW現像の際にある程度の修正が効くし、それをより防ぎたいと考えるのであれば、レンズプロファイルソフト(Cornerfix)等を使うという手もあります。色被りも周辺減光も超広角レンズの持ち味の1つと考え、私はそれを楽しみたいと思っています。Web上で見るGホロゴンとの組み合わせほどは酷くはないので、私はプロファイルソフトは使ってはいません。

d0262570_1531511.jpg

これまで何回かここでもUWHの画像はUPしてきましたが、M9-Pとの組み合わせでカラーというのは初めてだと思います。私の感想は別として、もし貴方が入手を検討しているのであれば、ご自身の眼で判断してみてください。周辺減光や色被りが貴方の許容範囲なら、あるいは趣と捉えられるなら、貴方の喜びを1つ増やしてくれる存在になるかもしれません。

ちなみに私のUWHは初代のものでⅡではありません。初代とⅡの写りに同じ傾向があるかどうかはわかりませんが、とにかく青が強いレンズです。それは「青」というより「蒼」という表現に近い、深いもの。これもまたこのレンズの大きな特長と言えるでしょう。
今回は薄暮の迫る東京スカイツリーの写真2枚をUPするのみに止めますが、今後も晴天下で、曇天下で、と色々なシチュエーションの写真をUPしていくつもりです。少しでも皆様の参考になれば、幸いです。
[PR]

by photonine | 2014-03-02 22:31 | Color | Comments(4)
2013年 05月 06日

forest

d0262570_1284857.jpg


旅写真の第2弾です。

今回旅に連れて行ったレンズはG biogon28mmとUWH(ULTRA WIDE-HELIAR 12mm)。少々マニアックな組み合わせです(笑) 
M9-P(M9)は、超広角レンズ使用時に盛大に色被りするという話があって、UWHもその1つに挙げらていますが実際のところはどんな感じなのか・・・・。

「カラーがダメならモノクロで使えば良いや。とりあえずは試してみないとね」なんて、大きな期待を持たず使ってみたUWHですが、どうしてどうして、僕的には思いのほか使えるぞっていう印象でした。

この写真はJPEGをモノクロ化していますが、元画像のカラーでも色被りは特に目立っていません。シチュエーションにも左右されるのでしょうけれど、WEB上で散見されるホロゴン作例の様な派手なパープル・シアンフリンジは他の画像にも出ていませんでした。

周辺部が甘くなるのはレンズの性格上仕方ないとして、使い勝手の面で言えばM6で使うよりも撮ったその場で露出確認が出来る分、M9-Pのほうが扱いやすいかもしれません。ここまで広角だと露出とるの、結構難しいですから(笑)

今回はテストの意味も含めての使用でしたが、これからは街中スナップでもガンガン使ってみようと思います。
また違った結果が出るかもしれないけれど、その時はまたここで報告したいと思います。
[PR]

by photonine | 2013-05-06 01:25 | Monochrome | Comments(0)
2012年 09月 17日

JUSTICE

d0262570_221275.jpg


フィルム写真、特にM6で撮影した写真に限定すれば、出来ればストレート(あるいはそれに近い形)で仕上げたいという気持ちがあります。

「お前は何のためにそのフィルム、そのレンズ、そのカメラを選んだのだ」

と過去の偉人たちが僕に問いかけてきたとして、僕はそれにちゃんと答える事が出来ないから・・・・。

「こだわり」と言ってしまえばそれまでですが、何かに「こだわらない」よりはマシだと思います。問題はこの写真のように時として「こだわり」を忘れてしまう僕の弱さ。まだまだ未熟ですねー。

【Film】 FUJI SUPERIA PREMIUM400
[PR]

by photonine | 2012-09-17 22:43 | Color | Comments(6)
2012年 09月 13日

BLUE MORNING

d0262570_2311737.jpg


前回に引き続き、昨夏の夏旅写真を。

小豆島の朝。せっかくなのでUWH 12mm F5.6で撮ってみました。
このレンズ、すっごく難しいかもと感じた1枚・・・・(笑)

【Film】 KODAK PORTRA 160
[PR]

by photonine | 2012-09-13 23:10 | Color | Comments(2)