2018年 01月 28日

唯一無二

d0262570_10442884.jpg
たとえば一杯700円のラーメンが有名店の高価なコース料理を凌駕することだってあると思います。
好きなもの、大事なものの価値観は値段では測れません。

僕にとって「Abrahamsson Classic Softrelease」は、Leica Mシリーズのソフトレリーズ(カメラのシャッターボタンに取付けてシャッターフィーリングを変えることができるアクセサリー)としては唯一無二の存在です。
画像ではわかりづらいかもしれないけれど、シルバー・ブラックともLeicaボディの色、質感とよく馴染み、そしてとても控えめ。実はこういうレリーズボタンは探してもなかなか見つかりません。サイズ感もとても自然で小さすぎず大きすぎず。取り付けると、まるで最初からそこにあったような佇まいになるのです。

M6(僕の1st Leica)に着けるレリーズボタンを探しているとき、僕はこのソフトレリーズに巡り合いました。以前はオリエンタルホビーで「 One-Off Industrial Designs」というブランド名で取扱いがあったのだけれど、M9-Pにも・・・・と思った時にはもう既に国内で販売しているお店を見つけることが出来ませんでした。以降、僕はバンクーバーと直接メールでやり取りをして購入しています。数千円のパーツだけれど唯一無二のものだから妥協はできないのです。

昨年末、Tuulikkiさん(作者だ)と久しぶりにやり取りをして、幾つかソフトレリーズを買い足しました(新しいカメラのためのものと、万が一落として無くしてしまったりした時のためのストック分)。相変わらず彼とのやり取りは楽しいし、ソフトレリーズはいつもと変わらずシンプルで美しいです。どうして国内で取り扱いをする店が無いのかとっても不思議。

全然話は変わりますが、画像上部に写っているのは小布施堂の「くりあんケーキ」。今日の僕のおめざです。とっても美味。こちらも超絶おすすめ(笑)


[PR]

by photonine | 2018-01-28 11:12 | Color | Comments(0)
<< Leica M10を・・・・ M9-P、病に伏せる >>