2018年 06月 25日

由比ヶ浜を見下ろす

d0262570_14511848.jpg

[PR]

# by photonine | 2018-06-25 07:54 | Color | Comments(1)
2018年 06月 23日

海辺のカフェにて #4

d0262570_13502065.jpg

[PR]

# by photonine | 2018-06-23 00:00 | Monochrome | Comments(0)
2018年 06月 21日

海辺のカフェにて #3

d0262570_23572794.jpg

[PR]

# by photonine | 2018-06-21 00:00 | Color | Comments(0)
2018年 06月 19日

海辺のカフェにて #2

d0262570_13113192.jpg
この度の地震で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
何の取り柄もない拙blogですが、少しの気休めにでもなれればと思っています。


[PR]

# by photonine | 2018-06-19 00:00 | Monochrome | Comments(0)
2018年 06月 17日

海辺のカフェにて #1

d0262570_13113738.jpg
海辺のカフェでひと休み。


[PR]

# by photonine | 2018-06-17 00:00 | Monochrome | Comments(0)
2018年 06月 16日

Great Buddha

d0262570_16155235.jpg
海岸か、大仏・・・・からの大仏様(笑)
鎌倉には何度も来ているけれど、拝するのは人生初(だと思う)。
圧巻!


[PR]

# by photonine | 2018-06-16 00:00 | Monochrome | Comments(0)
2018年 06月 14日

海岸か、大仏

d0262570_16001060.jpg
選択肢は2つ。海岸か、大仏か。それ以外なしっ。
すごいな、コレ(笑)
全国どこ探しても鎌倉にしかない。たぶん。

[PR]

# by photonine | 2018-06-14 00:00 | Color | Comments(0)
2018年 06月 12日

極楽寺あたり

d0262570_12040212.jpg
PCに残っていた昔の写真から。
「海街diary」観てたらこのトンネルが写っていて、たしか昔ここで写真撮ったなぁと思い出し・・・・。

江ノ電沿線にある唯一のトンネルがこの「極楽洞(ごくらくどう)」。これは極楽寺駅側の桜橋から撮ったもので、反対側は「御霊神社(踏切を渡って参拝する超珍しい神社。参道を江ノ電が走り抜ける)」につながっています。この御霊神社も人気のスポット。写真は御霊神社側からくる江ノ電を狙ってたのですが、ちょい早かったですね。まあ、これはこれで良いのですが。

【LENS】 P.ANGENIEUX PARIS 75mm F2.5 TYPE P3


[PR]

# by photonine | 2018-06-12 00:00 | Color | Comments(2)
2018年 06月 10日

海街

d0262570_15280994.jpg
さっきまでTVで「海街diary」観てました。鎌倉が舞台になっている僕の大好きな映画。


[PR]

# by photonine | 2018-06-10 00:00 | Color | Comments(2)
2018年 06月 09日

鎌倉 グラフィティ

d0262570_18391238.jpg
天気が良ければ、日差しはもう夏のそれと変わらない。



[PR]

# by photonine | 2018-06-09 10:41 | Monochrome | Comments(0)
2018年 06月 05日

専門分野

d0262570_18531287.jpg
Made in USSRのレンズを初めて購入。USSRって知ってますか? ソビエト社会主義共和国連邦のことですよ。最近ではソビエト自体知らない人も増えているのだとか。まあ昭和が2つ前の元号になろうとしている今、仕方ないって言えばそれまでなのでしょうけれどね。うんうん、そう思うって頷きながらこれを読んでいる人は、結構年いってるハズです(笑)

はい、話戻します。少し前から気になっていたJupiter-8 50mm/F2。ヤフオクでポチりました。7,000円也。どのくらいの価格帯のモノを買っても値段の差ほどコンディションは大きく変わらないと推測。オールドレンズに高い期待を寄せてもレンズの拭き傷やチリはつきもの。相場から考えても7,000円というのは悪くないと思います。

で、予想通り拭き傷あり、チリありの個体。おまけに無限遠までヘリコイド回し切ってもファインダー二重像が微妙に合致しない。無限が出ない個体なのかな、と思ってライブビューで確認したら遠景にピントはあっている?感じ。うーん、謎。でも厳密には無限は出ていないんだろうなぁ。数kmとかいうレベルで。ぱっと見には全然わからないけれどね。
拭き傷、チリは写りに影響ないし、レンズも黄変なくクリア。いや、諸々考えてもアンダー1万円で十分すぎるほど幸せになれるレンズでした。コストパフォーマンス高いっす。

使ってみての雑感。何でもないスナップを写すと、とんでもなくつまらない写真を量産します。街の雑踏みたいなものをそれなりに画にしてくれるレンズもあるけれど、こいつはそうじゃなさそう。しっかりとした意図、意思のある写真を撮ると見違えるほど良くなります。不思議。ある意味難しいレンズではないかと・・・・。Flickrなんかの作例を見てもそんな感じ。あっ、これ私感です。人によっては全く違う感想を持つかもしれません。あしからず。


[PR]

# by photonine | 2018-06-05 00:00 | Color | Comments(2)
2018年 06月 03日

夢想

d0262570_11575625.jpg
【Film】   SUPERIA X-TRA 400
【Scanner】 Nikon COOLSCAN V


[PR]

# by photonine | 2018-06-03 12:14 | Color | Comments(0)
2018年 05月 31日

Kyotoful - Mar 2018 - #16(最終回)

d0262570_18141487.jpg
長らく続きました「Kyotoful - Mar 2018」シリーズでしたが、いよいよ今回で最終回。お付き合いいただきありがとうございました。

ワタクシ、本当に京都が大好きで、それはもうホントに住んでしまいたいくらい好きなのです。まあ、そういうわけにもいかないので、ちょこちょこ旅に出るのですが、まだまだ訪ねていない場所もたくさんあるし、同じ場所でも季節によって趣が変わりるので、今後もそういうものを写真に収めていきたいと思っています。あまり人に知られていないけれど、ここにこそ京都の美しさがあるよ、なんて情報があったらこっそり教えてくださいね(笑) それがKyotofulなのです。
d0262570_18143719.jpg
ああ、楽しかったな、京都。


[PR]

# by photonine | 2018-05-31 00:00 | Color & Monochrome | Comments(0)
2018年 05月 29日

Kyotoful - Mar 2018 - #15

d0262570_18201620.jpg
もはやこの場所で人物をフレームに入れない写真を撮ることは不可能ではないかと思います。
京都への年間観光客は5,000万人以上。そのうち15~20%の人が嵐山を訪ねるといいます。仮に15%として単純計算すると来場者は1日あたり約2万人。観光を楽しめる時間を6:30~18:30の12時間(季節によってはもっと短くなる)とすると、1時間当たり少なくとも1,600余りの人が入れ代わり立ち代わりにこの地を訪れていることになります。渡月橋と人気を二分するこの竹林の小径に誰もいないなんてシーンはほとんど考えにくい。それほど人が多かったのです。
上の写真は、なるべく人の往来が少ないタイミングを狙って撮影。で、ちょっと練習もかねてレタッチで写っていた人には消えてもらいました(笑) PSに慣れた人ならもっと上手くできるのだろうけれど、僕にはこのあたりが限界かな。
せっかく28mm持って行ったのだから広角で撮るべきだったのだけれど、時折雨も強くなったりして、ちょっと写欲が薄れていた時間帯の写真。
d0262570_17385546.jpg
この写真もほんの少しシャッター押すのが勇み足でした。反省。


[PR]

# by photonine | 2018-05-29 00:00 | Color | Comments(0)
2018年 05月 27日

Kyotoful - Mar 2018 - #14

d0262570_15341886.jpg
なぜか京都では雨に降られます。今回も最終日は小雨混じりのスタートになりました。
向かったのは京都芸術センター。京都市の中心部にある芸術振興の拠点施設です。私が興味を持ったのは、ここが 明治時代(1869年)に創立、1993年廃校した明倫小学校の跡地及び校舎であるということ。
d0262570_15342810.jpg
廃校好きな私としては是非一度訪ねてみたい場所でした。
d0262570_15343846.jpg
木の床の油の匂い、ああ、良いですねー。
d0262570_15344864.jpg
現芸術施設ということもあり、こんな遊び心も。
d0262570_15350319.jpg
施設内には京都の老舗喫茶店の前田珈琲も入っています。せっかくなので名物「赤味噌オムハヤシ」のセットを頂きました。
d0262570_15353594.jpg
少しずつ京都への旅を重ね、こういう場所にも目を向けられるようになってきました。
今後ももっともっと隠れた京都の魅力を探していければと思っています。
さて、旅は今回の最終目的地、嵐山へと続きます。

画像1~4、6枚目:Biogon T* F2.8/28(G Biogon)
画像5枚目:Summilux 50mm/f1.4 ASPH


[PR]

# by photonine | 2018-05-27 00:00 | Color & Monochrome | Comments(0)
2018年 05月 26日

Kyotoful - Mar 2018 - #13

d0262570_18190027.jpg
貴船神社に行ったら、是非撮りたいのが連なる灯篭のライトアップ写真。しかし、日没までにはまだ1時間以上ありまして。
無駄に時間を過ごすのも何なので、何か食べながら待つか、と。
d0262570_18192645.jpg
近くのお店で「貴船そば」を頂きました。全く知らなかったのですが、こちらの名物だそうで、とても美味しかったです。また行くことがあったら食べたいな、と。
d0262570_18193997.jpg
だいぶ日も暮れてきました。もうすぐ日没。ということで石段下まで戻ってみます。
d0262570_18195674.jpg
はい、粘りに粘って撮った写真がこちら。
粘りに粘って・・・・というのは、実は「そろそろいい時間だな」と思った矢先に女子旅4人組がワイワイとこの石段の上で撮影会をはじめちゃいまして。人がいない状況での写真を撮りたかったので、待ちましたよ、はい。でもね、なかなか撮影会は終わらなくて(笑) 4、50分は続いたでしょうか。ようやく終わって、場が静かになってじっくり撮影したのがこの写真。
まあね、そこそこ満足できる写真が撮れたから良かったんですけれどね、ただひとつ問題が。

駅までのバスが、ないっ!

困りました。近くの旅館か飲食店に飛び込んでタクシーを呼んでもらおうかとも考えたのですが、タクシーを待つ時間を考えると、今度は駅についてもかなり長い時間電車を待つことになる。今から歩けば15分ほどで駅に着ける(Iphone調べ)。迷っている暇はない、歩き出そう。そう考え、足早に貴船神社を後にしました。
しかーし、道路は舗装されているとはいえ、照明はところどころにポツンとあるだけ。真っ暗なリアル山道です。聞こえてくるのは川の流れる音だけ。

超怖ぇぇぇ・・・・。

貴船神社って知ってますか? 縁結び信仰がある反面、丑の刻参り(わら人形に五寸釘を打つアレね)の聖地でもあるのです。憎い相手を呪う有名な呪術。そんなワケで京都最恐の心霊スポットとも呼ばれているそうな。

そういうの、早く教えて。

まあ、何とか、ところどころスマホの明かりなどを頼りにしながら、電車の到着前に駅に着くことが出来ました。やれやれ。

ところで道中、ひとつ不思議なことがありました。真っ暗な山道で1回だけ人とすれ違ったのです。しかも女性。女性?
大のオトナの男のワタクシがビビリにビビって下ってきた山道を、今から登る? ひとりで? ど、どこに? 真っ暗ですよ。あなた、誰ですか?

(((゚Д゚))) な、なるべく考えないようにしよう

そんな怖い思いをした貴船神社でした。

画像1、2枚目:Summilux 50mm/f1.4 ASPH
画像3、4枚目:Biogon T* F2.8/28(G Biogon)


[PR]

# by photonine | 2018-05-26 00:00 | Color | Comments(6)
2018年 05月 22日

Kyotoful - Mar 2018 - #12

d0262570_17094529.jpg
叡山電車に乗りかえて。
d0262570_17100402.jpg
はい、到着。あれだけ観光客が多かった伏見稲荷に比べて、ここはひっそり。
電車からは私を含め5、6人が下車。私以外は全員女性でした。
d0262570_17101424.jpg
で、今度はバスに乗り換えて。
d0262570_17102583.jpg
じゃーん、到着。貴船神社でございます。
d0262570_17335460.jpg
d0262570_17342122.jpg
で、皆さん何してるかっていうと、有名な「水占みくじ 」を水に浮かべているところ。御神水の中に浸けると字が浮き上がってくるっつうおみくじです。
d0262570_17343517.jpg
はい、大吉。初詣の鎌倉では凶をひいたワタクシ。京都では見事大吉に運気上昇いたしました。
d0262570_17350163.jpg
画像1~4枚目:Biogon T* F2.8/28(G Biogon)
画像5~8枚目:Summilux 50mm/f1.4 ASPH


[PR]

# by photonine | 2018-05-22 00:00 | Monochrome | Comments(0)
2018年 05月 20日

Kyotoful - Mar 2018 - #11

d0262570_15082886.jpg
前回の京都旅行で伏見稲荷はたっぷり堪能したので、今回は別の場所へ向かったのですが、やっぱり人気ありますね。駅から大社までの道のりは外国人観光客で一杯でした。

d0262570_15085537.jpg
この日の昼食は1592年創業の老舗 「 祢ざめ家」さんの鰻をチョイス。ここ、前から気になっていたんですよね。
観光客が多くゆっくりはできませんが、鰻はまずまず美味しかったです。

d0262570_15092226.jpg

目的地での撮影を終え、山を下り大鳥居方面へ向かう途中の1コマ。なぜかこのご年配と目があってしまいました。全然知らない方ですが、なんかこの写真好きです。

d0262570_15093821.jpg
d0262570_15095214.jpg

いったん祇園まで戻ってきたので鴨川をパシャリ。次の目的地へはまだ少し時間が早かったので、一休みしました。

画像1~3枚目:Summilux 50mm/f1.4 ASPH
画像4、5枚目:Biogon T* F2.8/28(G Biogon)


[PR]

# by photonine | 2018-05-20 00:00 | Color | Comments(0)
2018年 05月 19日

Kyotoful - Mar 2018 - #10

d0262570_13120687.jpg
今回、初日の宿泊に町家リノベーションのお宿をチョイス。こういうのも悪くないですね。
このあたり白川通りっていうのでしょうか、朝の散歩はホント気持ちよかったです。一本橋も見られたし。
d0262570_13123055.jpg
画面中央には鴨が。
d0262570_13125695.jpg
京阪電鉄の広告パネルもおしゃれですな。

画像1、2枚目:Biogon T* F2.8/28(G Biogon)
画像3枚目:Summilux 50mm/f1.4 ASPH


[PR]

# by photonine | 2018-05-19 13:27 | Monochrome | Comments(2)
2018年 05月 13日

Kyotoful - Mar 2018 - #9

d0262570_14505575.jpg

[PR]

# by photonine | 2018-05-13 14:51 | Color | Comments(0)