カテゴリ:Color( 207 )


2018年 04月 14日

いつか来た道 ~尾道・宮島旅行記~ #14(最終回)

d0262570_12372577.jpg
はい、長々続いた「いつか来た道 ~尾道・宮島旅行記」ですが、いよいよ最終回です。と、言うワケで今回はどどーんと厳島神社での写真を一挙ご紹介。
d0262570_12380401.jpg
実はワタクシ、厳島神社は2度目です。高校生の頃、修学旅行で一度訪れています。
d0262570_12381622.jpg
高校生の時は特に何の感慨もなかったんですけれどねー。その時とは明らかに受け止め方が変わっています。オトナになったということでしょうか。

d0262570_12383371.jpg
d0262570_12384615.jpg
この日は雪も降らず、空の青さが気持ちいいです。
d0262570_12390414.jpg
d0262570_12391981.jpg
d0262570_12393505.jpg
こういう写真をみると、Leica M10で撮影した写真の色味はM9-Pとはやっぱり違うなと実感します。それが嫌だとか、どっちの方が良いとかっていう話ではなくて、違いがあるなっていう話。もしM9-Pで撮影していたら、こんなにすっきりした写真にならないと思うし、朱色はもう少し赤寄りになり(場合によっては赤が飽和するくらいこってりした描写になる)、そしてほんの少し全体的に寒色(青系)に転ぶような気がします。同じ場所、同じ時間にそれぞれで撮影しているわけではないから、あくまでM9-Pに関する考察は私の記憶色的なイメージでしかないのですけれどねー。しかしM10のホワイトバランスはホントM9-Pとは違って優秀です。JPEG撮って出しでも充分使えるレベルです。
d0262570_12394713.jpg
実はこの後、広島市内に戻りお好み焼きを食べに行ったのでした。僕は広島で食べるお好み焼きが大好きで、この日は以前ひとりで食べに行って美味しかったお店を紹介しようと相方を連れていったのですが、それがとても残念な結果に・・・・。

私はそのお店を「観光客より地元の人に人気の隠れた名店」として、タクシーの運転手さんから教えてもらったのでした。今から10年以上前の話です。最初に食べた時、カルチャーショックを受けるぐらい美味しかったことを今でもよく憶えています。
今回そのお店に行ってみたら・・・・昼のピーク時間を過ぎてちょうど一息つける時間帯であったこともあり、まあ仕方ないと言われればそれまでなのですが、店員にやる気が全くない。お好み焼きを作る際にも鉄板見ずに店内のTVを見ながらという有様。それだけならまだしも調理中に目薬をさして、そのまま手を洗わずに調理に戻る。調理してない店員は厨房内でスマホを弄り続ける。ここまで酷いのはどうかというレベル。途中で店を出てやろうかと思いましたが、大人げないのでそこはグッと我慢しました。まあ、煙いしね、目も乾燥するから目薬も差したくなるよね、忙しい時間を過ぎて丁度一息入れたい時間だよね。スマホぐらいまあいっか。お好み焼きが美味しければね、それでチャラにするからね。

・・・・って、全然美味しくないじゃん、コレ。

あのモチモチしたお好み焼き、どこいっちゃったの?

価値観は人それぞれだし、私の主観だけで誹謗中傷みたいなことはしたくないので、あえて店名や画像は掲載しませんが、ホントがっかりしました。すっごく楽しみにしていたのに・・・・。今回の旅行で唯一のがっかりポイントでした。まあ、次に広島行く時の「美味しいいお好み焼き屋さんを探す」という新たな楽しみができたと考えれば、これはこれで良いんだけれどね。

はい、最後の最後でちょっとネガティブなこと書いちゃいましたが、とても充実した、とても満足度の高い旅でした、尾道・宮島。尾道はまたリピートしてみたいと思っています。まだ登っていない坂道、たくさんあるしねー。
長々お付き合いいただきまして、ありがとうございましたー。

※写真1~6、8~9枚目:Summilux 50mm/f1.4 ASPH
 写真7枚目:Elmar-C 90mm F4


[PR]

by photonine | 2018-04-14 14:30 | Color | Comments(4)
2018年 04月 07日

いつか来た道 ~尾道・宮島旅行記~ #10

d0262570_09174620.jpg
さて、楽しみにしていた朝食。朝食はホテルのメインダイニング「Erretegia(エレテギア)」で。
d0262570_09195949.jpg
壁面が全てガラス張りで、とても開放感があります。食材も地産地消にこだわったものが多く使われており、大満足。
こんなゆったりした時間を毎朝過ごしたいものですねー(←絶対無理)
d0262570_09201904.jpg
パンの種類も豊富。選ぶのに迷ってしまいます。
d0262570_09212250.jpg
メインには、私は肉料理のポトフをチョイス、相方は瀬戸内鮮魚のブイヤベースを選びました。どちらもうまうま。私は調子に乗って朝からスパークリングワインも頂いちゃってます。
d0262570_10013619.jpg
ガラス越しにはホテルのプールと、朝の瀬戸内海。
ゆっくり時間をかけて朝食の時間を楽しみました。

d0262570_09213842.jpg
さて、優雅に過ごした「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」さんともここでお別れです。最後の1枚はこれ。
ん?、青いバラの造花?・・・珍しいなぁなんて思ったら、これ、デニム生地でできた造花なんです。ここまでこだわっているのもすごいな、と。
まだまだたくさんUPしたい写真はあるのですが、尾道編はこれで完結。いよいよ次の目的地である宮島(厳島)へと向かいます。
d0262570_09264270.jpg
途中の広島駅にて。八天堂って広島だったんですね。さすが広島、「カープなくりーむパン」なるものが広島限定で売られていました。勿論お1つ購入。「地域限定」に目がないのです(笑)
d0262570_09265693.jpg
さてさて一気にフェリー乗り場まで進めます。ここからフェリーに乗って、いよいよ厳島へ。
次回からは宮島編です。引き続きよろしくです。

※写真1~6枚目:(G)Biogon T* 21mm F2.8
   7~8枚目:Summilux 50mm/f1.4 ASPH


[PR]

by photonine | 2018-04-07 10:08 | Color | Comments(0)
2018年 04月 04日

いつか来た道 ~尾道・宮島旅行記~ #9

d0262570_17453171.jpg
尾道といえば デニムでも有名な町。
こちらのホテルでは、宿泊者にカイハラデニムを使ったテディベア(ホテルオリジナル)がもれなくプレゼントされるのです。このクマさん、2種類あり1つは一般的なインディゴブルー、そしてもう1つはホワイトデニム(冬使用?)のもの。
せっかくだから2つ欲しいけれど宿泊一室につき1個が決まり。そしてどちらかを選ぶことはできません。もう1個欲しければ次の機会に、ってことですね。

私たちはといえば、すでに商店街でクマのぬいぐるみを1つGETしているので、この旅行2つ目のくまさんGETってことになります。そんなにぬいぐるみ集めてどうする!?って話もありますが、普段興味のないもの買ってしまうのも「旅先あるある」のひとつかと。まあ、可愛いからいっか。


[PR]

by photonine | 2018-04-04 00:00 | Color | Comments(0)
2018年 04月 02日

いつか来た道 ~尾道・宮島旅行記~ #8

d0262570_17143070.jpg
外のテラス(夜) ソファーがあって、暖炉があって。なんかシャレオツ。
d0262570_17143975.jpg
親しい友と、あるいは恋人同士とがゆっくりグラスを傾けながら語り合うのにうってつけのシチュエーション。ふうむ、ロマンティックですな。
しかし、寒い。寒すぎる。この日この時間帯の外気温は氷点下。うっかりスヤスヤしちゃうともうこちら側に戻ってこられない寒さです(笑) ・・・・というわけで、言うまでもありませんがこの日は人っ子ひとりいませんでした。
d0262570_17150140.jpg
ラウンジはこんな感じ。い、椅子の種類が全部違うとな。なんかシャレオツ(←本日2回目)
d0262570_17162667.jpg
夕食は、ホテルの近くに瀬戸内の魚介類を使った美味しいイタめし屋があるということで、そちらにレッツゴーしてきました(実はこのレストランまでの道のり(片道約5分)も車で送迎していただきました。ありがとう、スタッフさん!)
d0262570_17263358.jpg
RISTORANTE ITALIANO Don Federico。ドンですよ、ドン。
d0262570_17291058.jpg
d0262570_17292411.jpg
いやぁ、とっても満足。「一匹真ゴチのオーブン焼き」美味かったっす。マゴチって中華料理のイメージ強いけれど、あれだね、イタリアンでも美味しいね。

イタリアンをたらふく堪能してホテルに戻ったのですが、こちらのホテル、夜食として尾道ラーメンの無料振る舞いがあるのだとか。
いや、お腹一杯だから・・・・。もう無理無理。えっ?ハーフなの? もう少し遅い時間でも大丈夫? そうですか。

それじゃ、食べないわけにはいかんでしょ。

というわけで、一度部屋に戻ったあと、時間をあけてからラウンジへ。はい、しっかりラーメン頂きました。
これが割と本格的な尾道ラーメンだったんですよ。まあサービスだし、ハーフだしなんて思っていたら、しっかりしたのが出てきてびっくり。量もハーフというよりは3/4杯ぐらいあって。美味しかったからペロリと食べちゃいましたけど。


[PR]

by photonine | 2018-04-02 00:00 | Color | Comments(2)
2018年 04月 01日

いつか来た道 ~尾道・宮島旅行記~ #7

d0262570_15040007.jpg
尾道の散策を終え、初日の宿泊施設へ。いやぁ、ここ泊まってみたかったんですよねー、「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」さん。
尾道と名が付くものの、尾道駅からは車で40分ほどかかります。距離的にはそうでもないのだけれど、入江をぐるーーーっと回るんで時間がかかるみたい、っす。
ホテルまでは尾道駅からホテルの車で。すごくないですか、40分の道のりをお迎え付きって。こうしたラグジュアリーなサービスが随所にちりばめられたホテルなんですよねー、ここ。はい、自分の中の「もう一度泊まってみたい宿ランキング」にしっかり上位ランクインです。

ホテルまでの道中、運転手さんが言うんですよ。

「ここのところなかなか綺麗な夕日が見られなくて。でも今日は久しぶりにいい夕日が見られそうです。ですが・・・・ちょっと時間が微妙ですね」
「そうなんです。実は噂の夕日を是非見てみたいと思っていたんですが、事前の天気予報が雪だったので。それなら尾道散策にたっぷり時間を費やそうということになって、送迎の時間を後ろに倒しちゃったんです」
「夕日には間に合いません。ですがマジックアワーにならギリギリなんとかというところです。最善を尽くしましょう」
運転手さん、あんた何て良い人なんだ!

そんなこんなで・・・・奇跡的に間に合ったんですよ、マジックアワー。瀬戸内海を見下ろす丘の上から見る夕景、すんばらしい!
で、M10をONにしたらうんともすんとも言わない。なに、バッテリー切れですと!!!
いやぁ、残念ですが、M10で撮影することはできず、上の写真はiPhoneでの撮影となります。予想どおりライブビュー撮影はバッテリーの消費が大きいですね。旅先で1日丸々ライブビューというのは危険。使うレンズのことを考えながらっていうのがやはり基本になるかと思います。

いや、でもiPhone。綺麗ですよね。っていうか綺麗な写真の見せ方を心得たチューニングだなと。恐るべしAPPLE。


[PR]

by photonine | 2018-04-01 00:00 | Color | Comments(0)
2018年 03月 31日

いつか来た道 ~尾道・宮島旅行記~ #6

d0262570_13350974.jpg
下り坂はこのコースを。
d0262570_14125785.jpg
猫の細道は、90年代後半に園山春二さんという作家さんが自身の作品「福石猫」をこの路地に置きはじめたことから、この愛称で呼ばれるようになったとのこと。
あちらこちらにこうした「福石猫」が置かれています。
d0262570_14131332.jpg
ちょっとレトロフィルム風にレタッチしてみました。
d0262570_14132957.jpg
前回の記事にお寄せ頂いたコメントで素敵なBarを教えて頂いたのですが、

ぬあぁーーーーーーーっ、しっかり看板の前通っとる

知らぬ間に通り過ぎていたことが発覚! ここにあったんですね、cafe SAKA barさん。不覚。
d0262570_14135167.jpg
尾道最後の写真は、大林宣彦監督に敬意を表しこの時計屋さんの前で。
♪とーきーをーかける・・・・はい、わかる人は結構年イッてる人です(笑)


[PR]

by photonine | 2018-03-31 14:40 | Color | Comments(6)
2018年 03月 30日

いつか来た道 ~尾道・宮島旅行記~ #5

d0262570_11050277.jpg
d0262570_11145635.jpg
尾道の猫さんたちは、観光客に馴れすぎちゃっていて、警戒心が全くと言っていいほどありません。
・・・・というか、むしろ観光客にちやほやされるのに辟易している感じ。たまには一人静かな時間を過ごしたいんでしょうね。こちらのねこさん、静かに瀬戸内の海を眺めていました。
d0262570_11151587.jpg
僕らも「みはらし亭」さんでひと休み。
d0262570_11153256.jpg
チーズケーキ、うまっ。エスプレッソ、うまっ。
d0262570_11155368.jpg
さて、頂上まで来ましたので、ここからは別ルートで坂を下ります。
次回は猫の細道へ・・・・。


[PR]

by photonine | 2018-03-30 00:00 | Color | Comments(2)
2018年 03月 27日

いつか来た道 ~尾道・宮島旅行記~ #3

d0262570_11410177.jpg
今日はカラーのスナップを何枚か。

M10を旅行に持ち出すにあたり、今回色々調べておきたいことがありました。例えばライブビュー撮影でどのくらいバッテリーは持つのかとか、2泊3日の旅行でSDカードの容量はどのくらい必要かとか、そういうことです。そのため、旅行初日はElmar 3.5cmを着けっぱなしに。はい、僕の持っているレンズの中で一番古いレンズです。Leitz純正のLレンズなのに距離計非連動の、そして今年めでたく米寿を迎えたレンズです。距離計非連動だからライブビューで撮るしかありません。

88年前のレンズですからね、勿論カラー写真用にはチューニングされていないし、描写も現代のレンズと比べると柔らかいですね。ついついLRやPSでコントラストをいじりたくなっちゃうんだけれど、せっかっくだから今回はそのまま撮って出しで。
d0262570_11412735.jpg
商店街の横の広場では朝市? マルシェ?のようなイベントが開催されていて、窯焼きピザなんかの出店も出ていました。出店で窯焼きですよ! 食べたかったんだけれど、待ち時間の関係で断念。美味しそうだったな。
d0262570_11414351.jpg
そして瀬戸内と言えばレモン。現在流通しているもののうち国産レモンはたったの9%。そのうちの半分が広島県産のものなのだそうです。レモン以外の柑橘類もどれも美味しそう。旅行初日、これから坂を登ろうとしているその時に、まさかの無謀大量購入(笑) いや、試食させてもらったらホントに美味しかったんだって!


[PR]

by photonine | 2018-03-27 00:00 | Color | Comments(0)
2018年 01月 28日

唯一無二

d0262570_10442884.jpg
たとえば一杯700円のラーメンが有名店の高価なコース料理を凌駕することだってあると思います。
好きなもの、大事なものの価値観は値段では測れません。

僕にとって「Abrahamsson Classic Softrelease」は、Leica Mシリーズのソフトレリーズ(カメラのシャッターボタンに取付けてシャッターフィーリングを変えることができるアクセサリー)としては唯一無二の存在です。
画像ではわかりづらいかもしれないけれど、シルバー・ブラックともLeicaボディの色、質感とよく馴染み、そしてとても控えめ。実はこういうレリーズボタンは探してもなかなか見つかりません。サイズ感もとても自然で小さすぎず大きすぎず。取り付けると、まるで最初からそこにあったような佇まいになるのです。

M6(僕の1st Leica)に着けるレリーズボタンを探しているとき、僕はこのソフトレリーズに巡り合いました。以前はオリエンタルホビーで「 One-Off Industrial Designs」というブランド名で取扱いがあったのだけれど、M9-Pにも・・・・と思った時にはもう既に国内で販売しているお店を見つけることが出来ませんでした。以降、僕はバンクーバーと直接メールでやり取りをして購入しています。数千円のパーツだけれど唯一無二のものだから妥協はできないのです。

昨年末、Tuulikkiさん(作者だ)と久しぶりにやり取りをして、幾つかソフトレリーズを買い足しました(新しいカメラのためのものと、万が一落として無くしてしまったりした時のためのストック分)。相変わらず彼とのやり取りは楽しいし、ソフトレリーズはいつもと変わらずシンプルで美しいです。どうして国内で取り扱いをする店が無いのかとっても不思議。

全然話は変わりますが、画像上部に写っているのは小布施堂の「くりあんケーキ」。今日の僕のおめざです。とっても美味。こちらも超絶おすすめ(笑)


[PR]

by photonine | 2018-01-28 11:12 | Color | Comments(0)
2018年 01月 13日

初詣snap

d0262570_14310182.jpg
7日は毎年恒例の鶴岡八幡宮へ初詣に。

鶴岡八幡宮には昔からご縁があります。受験や就職の際もそうだったし、初めて女の子とデートしたのも鎌倉・鶴岡八幡宮でした。神頼み・・・・ってガラではないんですけれどね、厄年の前々年に大きな病気をしてからは初詣の際に御祈祷も受けるようになりました。神様の力をお借りできるなら、それにこしたことはないです(笑)
d0262570_14311146.jpg
今年はかなり人が多く、御祈祷が終わった頃にはもうすでに夕暮れ時に。ちなみにおみくじ引いたら今年は「凶」でした(笑) なんとなくそんな気がしてたんですけれどね、予想的中です。でもこの「凶」のおみくじに書いてあることがなかなかイカしてるんですよ。なんていうか、全然負け惜しみとかじゃなくてポジティブになれる内容なんです。
「山も海も雲もあるから月は一層美しい。人も苦難を突破して磨かれ、楽しみがある。今の苦難は一つの丘に過ぎない。すぐに超えられる」・・・・いや、マジっすか? これ大吉の間違いじゃないスか? めちゃめちゃ励まされた感あるんですけど・・・・。
d0262570_14304409.jpg
八幡宮を後にして、少し小町通りを散策。そこでこんなものを見つけました。
d0262570_14312248.jpg
ななな、なんともゆるーい感じのだるまさんが・・・・。サーフボード乗っとる(笑) 願い事しとる(笑)
一目で気に入ってしまい、2体ほどお買い上げ。
今の苦難を乗り越え美しい月になれるよう、このだるまさん達にも力をお借りしようと思います、はい。


[PR]

by photonine | 2018-01-13 06:00 | Color | Comments(4)