カテゴリ:Color( 207 )


2018年 01月 08日

瑠璃色の地球

d0262570_11434460.jpg
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。例年1月はスロースタートな当Blogですが、2018年、今年は早々に本日から始動です。

寒い、眠いのニガテなワタクシですが、ん十年ぶりに元旦早々から早起きをして、初日の出なんていう縁起の良いものを拝んで参りました。風もなく穏やかな海。そこに昇る美しい朝陽。普段は煩悩のカタマリみたいなワタクシでもこの時ばかりは少し心が浄化されたような気がしました(笑)

ベタっていえばベタなんですが、太陽が昇る様を見ながら、とある歌がずっと脳内リピート。

”朝陽が水平線から 光の矢を放ち 二人を包んでゆくの 瑠璃色の地球”

片瀬の東浜は朝陽は水平線から昇ってこないんですけれどね、そこは気分、気分(笑)

新年一発目の写真が文字通り「日の丸写真」ってのもなんですが、今年も楽しくこのBlogをやってをいけたらいいなと思っています。今年もよろしくです。


[PR]

by photonine | 2018-01-08 12:18 | Color | Comments(0)
2017年 11月 30日

Angel's Ladder

d0262570_16510753.jpg
偶然にもこんな光景に出会えました。正式には薄明光線、通称「天使のはしご」とか「天使の階段」なんて呼ばれているものです。知ってはいたけれど、写真に収めたのは初めて。ネイチャー系じゃないからねえ・・・・(笑)
90mm持って行って良かったなあ、と。やっぱり旅にはレンズ3本必要と実感。



[PR]

by photonine | 2017-11-30 00:00 | Color | Comments(0)
2017年 11月 28日

冷たく乾いた風を受けて

d0262570_16091449.jpg
(G)Biogon T* 2.8/28
11月は枯露柿(ころ柿)吊るしの季節。ぜひ一度この目で見てみたかった光景の1つです。
d0262570_16092782.jpg
(G)Planar T* 45mm F2(以下同)
d0262570_16093388.jpg
いいなぁ、やっぱり。
d0262570_16094255.jpg
勿論、枯露柿、現地で美味しく頂きました。
また快く撮影を承諾してくださった岩波農園のみなさん、ありがとうございました。
d0262570_16164062.jpg
これから吊るされる柿たちもスタンバイ中。冷たく乾いた風を受けて、美味しく生まれ変わる日ももうすぐ・・・・。


[PR]

by photonine | 2017-11-28 06:00 | Color | Comments(0)
2017年 11月 26日

朝のさんぽ

d0262570_13101594.jpg
旅の朝の過ごし方は、いつものそれとはずいぶん違うものになる。まず、朝食。
僕は普段朝食は食べない。だけど旅先ではしっかりと朝ごはんを食べる。どうしてそういう気持ちになるのかはわからない。

普段朝食を摂らないのは、別に時間がないとかそういう理由ではなく、特に食べたいという気持ちが起きない。そういう生活を長く続けているから、それが日常になってしまっているのだと思う。しかし、朝ごはんは今では僕の旅の楽しみの1つになっている。何で旅先の朝ごはんは、あんなに美味しいのだろう。とにかく旅先の僕は、朝ごはんをしっかり(というにはいささか過分な量を)食べるのだ。

d0262570_13102310.jpg
そしてもう1つ。朝風呂に入って(これは普段の日課でもある)、朝ごはんをしっかりと摂ったあと、僕は必ず散歩に出掛ける。温泉につかり、美味しい食事に舌鼓を打ち、眠たくなったら眠る。そんな風に寛ぎの極みを堪能してしまうと、宿の外に出る気が失せてしまうのも仕方がない。でも、名所旧跡、インスタ映えする景色やカフェを訪ねることだけが旅の目的というのも味気ない。飾り気のないその土地のありのままを感じるため、僕は朝の散歩に出掛ける。何にも心揺れる風景に出会えないこともあれば、今回のように素敵な朝を満喫できることもある。
d0262570_13103115.jpg
Leica M9-PのCCDが叩き出す空の青は本当に綺麗だな、と思う。俗に言われるコダックブルー。写す時間帯によって青の色の濃淡は少しずつ違うのだけれど、色味は変わらない。朝には朝の青を表現してくれる。
大切にしていきたいセンサーだと思う。そしてこのセンサーを使用するM9-Pもまた、大切にしていきたいカメラだと思う。
改めてこんなことを書いているのには、僕のM9-Pにちょっと悲しい出来事があったからなのだけれど、それはまたそのうちに・・・・。


[PR]

by photonine | 2017-11-26 14:31 | Color | Comments(2)
2017年 11月 24日

新しい朝が来た

d0262570_12491793.jpg
決して真新しいホテルではないのだけれど、居心地がすこぶる良いです。
朝陽を浴びる山々を見ながらエレベーターを待つ時間に心が弾みます。


[PR]

by photonine | 2017-11-24 06:00 | Color | Comments(0)
2017年 11月 04日

黄昏神田川

d0262570_14081859.jpg
御茶ノ水は僕にとってとっても想い出深い街だ。
駅を降りて靖国通りにぶつかるまでの短い道のりには、多数の楽器店が軒を連ねている。学生時代、僕はその楽器店を訪ねるため、足繁くその街に通ったものだった。時にはギターを始めたいという女の子を横に連れて。

15歳の僕が、初めて自分のお金でアコースティックギターを買ったのも、この街だった。そのギターの名はHEADWAY HD-208。当時アコギと言えば、国産メーカーではYAMAHAやMorrisといったメーカーが主流で、少しこだわりを持った連中がTakamineやK.Yairiなんかを使っている程度に過ぎなかった。誰もHEADWAYなんていうギターメーカーを知らなかった。
15歳の僕は、一人でその街に出掛け、誰にも頼らず、自分の耳と、指と、そのギターが発する空気の振動の心地よさだけを頼りに、その1本を選んだ。
1983年 放火と思われる不審火によりHEADWAY工場は全焼。HEADWAYは一時期休業状態に陥るが、その後復活を果たしている。復活後は廉価なアコギも販売しており昔のような強いこだわりは感じられなくなってしまった(復刻モデルや高価なモデルも製作しており、こちらの評価は高い)。

工場全焼前の昔のHEADWAYの評価は一部マニアの間でかなり高く、前出の僕のHD-208というモデルも程度が良い場合には当時の購入価の3倍近くで取引がされているらしい。勿論、僕は手放すつもりはないけれど。

音楽活動から離れて、僕が御茶ノ水を訪ねる理由はほとんどなくなってしまった。だから御茶ノ水駅に降り立ったのも久しぶりのこと。
僕がこの素敵なギターを買ったあのお店は、まだあるのだろうか。



[PR]

by photonine | 2017-11-04 15:19 | Color | Comments(2)
2017年 10月 29日

PERSIMMON - 柿 -

d0262570_17001686.jpg
撮るものが無いので頂き物の柿などを・・・・。滅多にブツ撮りなどしないので、少し新鮮。
HASSELNUTSで撮影。ちょっと画が絵画っぽくなるけれど、まあ仕方がない。ここまでできれば雨の休日の暇つぶしには充分か。


[PR]

by photonine | 2017-10-29 17:07 | Color | Comments(2)
2017年 10月 17日

マロニエ通りにて

d0262570_21244648.jpg
コマーシャルフォト風に・・・・。
僕らの世代にとって松田優作というのは特別な存在の俳優さんでした。
とりわけ「探偵物語」という作品から僕が受けたファッション、ライフスタイルなどの影響は大きく、それは今の僕の中にも色濃く、しっかりと根付き残っています。ドラマのカメラワークもいちいち毎回カッコよかったなぁ。
そして最もインパクトが大きかったのは、オープニングとエンディング。場所やシチュエーションは違えど、今回のような写真を好んで撮るのは、明らかにこの探偵物語のエンディングからの影響が大きいように思います。


[PR]

by photonine | 2017-10-17 00:00 | Color | Comments(4)
2017年 07月 17日

City of Lovers

d0262570_09440045.jpg
ご無沙汰しています。NINEです。
最近ちょっと忙しくしていて、なかなか撮影&Blog更新が出来ない日々が続いていました。
自分でも気が付いていなかったのですが、このBlogも6月15日に5周年を迎え6年目に突入! 始めたころはこんな長く続くとは思ってもいなかったなぁ。
これからもマイペースでやっていこうと思います。よろしくです。


[PR]

by photonine | 2017-07-17 09:55 | Color | Comments(2)
2017年 06月 20日

時間旅行のツアーはいかが #12

d0262570_11592059.jpg
「時間旅行のツアーはいかが」・・・・長々お付き合いいただき、ありがとうございました。はい、場所のタネあかしの時間です。
もうすでにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、ここ、東京都小金井市の都立小金井公園内にある「江戸東京たてもの園」でした。

おすすめですよー。特に写真好きな人ならかなり楽しめるんじゃないかと思います。
僕は1人だったのでブツ撮り中心になっていますが、家族、友人、恋人なんかと一緒ならやっぱり人を絡めた撮影がいいと思います。ポートレートなんか撮り歩くと1日楽しめそう。

まだまだUPしたい写真はたくさんあるのですが、とりあえず「時間旅行のツアーはいかが」シリーズとしてはいったん終了。残りの写真は今後ポツポツと不定期にUPしていきたいと思います。


[PR]

by photonine | 2017-06-20 00:00 | Color | Comments(2)