カテゴリ:Color & Monochrome( 12 )


2018年 11月 20日

キンメダイをめぐる冒険 #2

d0262570_12392669.jpg
d0262570_12391780.jpg
d0262570_12393640.jpg
徳造丸さんは稲取漁港を一望できる、キンメダイ好きには大変有名なお店。この日もたくさんのお客さんでにぎわっていました。王道の煮付けは勿論、刺身、しゃぶしゃぶなど色々な食べ方でキンメを楽しむことが出来ます。写真は煮付けしか撮っていないけれどね(早く食べたくて写真撮っている場合ではなかった 笑)



[PR]

by photonine | 2018-11-20 06:00 | Color & Monochrome | Comments(4)
2018年 11月 18日

キンメダイをめぐる冒険 #1

d0262570_12383999.jpg
お久しぶりです。
11月中旬にちょっと重い仕事を複数控えていたため、10月後半からは残業三昧。働き方改革ってなんですか?・・・・って感じで仕事漬けの日々を送っていました。
その仕事も無事終わり、気持ちも晴れ晴れ、天気も秋晴れ。で、キンメダイが食べたーい!つうコトで久しぶりに少し遠出をしてきました。稲取まで日帰り旅です!
d0262570_12384876.jpg
稲取駅恐るべしっ。初めて降り立ったのだけれど、駅にみかんがなっている。食べられる品種なのか? てか、ここでみかん狩りはOKなのか?
d0262570_12422323.jpg
少し歩くとすぐ港に。小さな漁港のようだけれど、この港町って感じ、いいですよねー。
d0262570_12421014.jpg
d0262570_12385745.jpg
で、この日目指したのはこちらのお店「網元料理 徳造丸」さん。キンメ好きには有名なお店。
d0262570_12390782.jpg
さて、いよいよキンメ・・・・ですが、続きは次回に。


[PR]

by photonine | 2018-11-18 13:06 | Color & Monochrome | Comments(4)
2018年 05月 31日

Kyotoful - Mar 2018 - #16(最終回)

d0262570_18141487.jpg
長らく続きました「Kyotoful - Mar 2018」シリーズでしたが、いよいよ今回で最終回。お付き合いいただきありがとうございました。

ワタクシ、本当に京都が大好きで、それはもうホントに住んでしまいたいくらい好きなのです。まあ、そういうわけにもいかないので、ちょこちょこ旅に出るのですが、まだまだ訪ねていない場所もたくさんあるし、同じ場所でも季節によって趣が変わりるので、今後もそういうものを写真に収めていきたいと思っています。あまり人に知られていないけれど、ここにこそ京都の美しさがあるよ、なんて情報があったらこっそり教えてくださいね(笑) それがKyotofulなのです。
d0262570_18143719.jpg
ああ、楽しかったな、京都。


[PR]

by photonine | 2018-05-31 00:00 | Color & Monochrome | Comments(0)
2018年 05月 27日

Kyotoful - Mar 2018 - #14

d0262570_15341886.jpg
なぜか京都では雨に降られます。今回も最終日は小雨混じりのスタートになりました。
向かったのは京都芸術センター。京都市の中心部にある芸術振興の拠点施設です。私が興味を持ったのは、ここが 明治時代(1869年)に創立、1993年廃校した明倫小学校の跡地及び校舎であるということ。
d0262570_15342810.jpg
廃校好きな私としては是非一度訪ねてみたい場所でした。
d0262570_15343846.jpg
木の床の油の匂い、ああ、良いですねー。
d0262570_15344864.jpg
現芸術施設ということもあり、こんな遊び心も。
d0262570_15350319.jpg
施設内には京都の老舗喫茶店の前田珈琲も入っています。せっかくなので名物「赤味噌オムハヤシ」のセットを頂きました。
d0262570_15353594.jpg
少しずつ京都への旅を重ね、こういう場所にも目を向けられるようになってきました。
今後ももっともっと隠れた京都の魅力を探していければと思っています。
さて、旅は今回の最終目的地、嵐山へと続きます。

画像1~4、6枚目:Biogon T* F2.8/28(G Biogon)
画像5枚目:Summilux 50mm/f1.4 ASPH


[PR]

by photonine | 2018-05-27 00:00 | Color & Monochrome | Comments(0)
2018年 05月 08日

Kyotoful - Mar 2018 - #8

d0262570_15403926.jpg
今回の旅では1泊目に町家をリノベーションしたお宿を選びました(初)。旅の疲れを癒すなら、大きいお風呂がイイに決まっている。そこで銭湯いくぞ、となるワケですよ。
京都といえば銭湯・・・・という程まで有名ではないけれど、知っている人は知っています。実は京都は歴史ある銭湯の多い街でもあるんですよね。
d0262570_15403215.jpg
せっかくだから思いっきり古臭い(いや、失礼)銭湯がいいなぁ、と選んだのがこちらの柳湯さん。
木造2階建て、町屋風でとても風情あるレトロな激渋銭湯です。なんでも昭和6年築なのだとか。銭湯通の方にも人気があるのだそうです。
ここの銭湯、写真にもあるとおりタイル絵が有名なのだそうです。もっと撮影したかったのですが、STOPがかかってしまいました。事前の情報では写真OKのようだったのですが、番台さんによってまちまちなのかな。私はこれ1枚のみで終了となりました。
確かにタイル絵、綺麗でしたが私的に一押しなのは立ち湯のように深い浴槽ですね。2段構成になっていて、一方は座って入ることができない深さになっています。こんなに深いお風呂は岩手県の鉛温泉「藤三旅館」以来です。
昔ながらの熱湯と冷水のカランが1つずつ付いているのみで、シャワーはなし。温度調節は自分でブレンドしてねっていうスタイル。あー、もうこれ最高! いい時間を過ごさせてもらいました。
d0262570_15541072.jpg
気分よく銭湯を後にして、さて喉が渇いたと。
ちゃんと銭湯に向かう途中「帰りはここでビール」と決めていました。古川町商店街にある「ビア小町」さん。どうみても絶対に美味いだろっ、て予想のつく店構えだったのです。
d0262570_15542430.jpg
あとからWEBで知ったのですが、結構人気店のようですね。クラフトビールは勿論、酒のアテが全品どれも超絶美味しかったです。近所にあったら週3で通います(笑)

Leica M10ではライブビュー撮影が可能なので、マクロ/M-M接写リングなんていうものも今回導入しました。2つ目の秘密兵器です、ふふふ(笑)
しかし、これがまたピントが薄くて・・・・。お酒飲んでる時は使い物になりません(接写リングがではなくて、私が、です)。どこにピント合わせてるんだ、って話ですが、まあ、旅の思い出として1枚UPしておきますか。


[PR]

by photonine | 2018-05-08 00:00 | Color & Monochrome | Comments(0)
2018年 05月 05日

Kyotoful - Mar 2018 - #6

d0262570_15095379.jpg
こういうタッチの仕上げは普段あまりしない・・・・な。自分的にも新鮮。
d0262570_15090811.jpg
d0262570_14525517.jpg
注目を集めているらしいですね、こちらのコーヒー店。
日中は長蛇の列ですが、朝イチならゆっくりコーヒーを楽しめます。行こうと思っている方は朝がおすすめ。僕はエスプレッソをいただきました。


[PR]

by photonine | 2018-05-05 00:00 | Color & Monochrome | Comments(2)
2018年 02月 19日

New Year Party 2018へ

Leica Storeでカメラやレンズを購入すると、こういうPartyにお声がかかる、ということはなんとなく知ってはいたのですが、今回「New Year Party 2018」に初めて参加してきました。参加・・・・とは言っても、1月末のことなので少し前の話になるのですが、今日はそのレポを。
d0262570_15090098.jpg
Summilux 50mm/f1.4 ASPH ISO6400

Partyとか言われても、ドレスコードは?とか、飲食のシステムはどうなってんの?とか、いろいろわからないことだらけ。WEBで過去のPartyの様子を下調べしてみると、うん、案外みんな気楽な感じで参加しているようです。年代層も広い感じ。だったら僕も、と当日は気取らずノータイのオトナ・カジュアルで参戦しました。
d0262570_15092117.jpg
Summilux 50mm/f1.4 ASPH ISO1600

勿論、お酒も軽食も主催者側の振る舞いで。会場は都内のスタジオだったからケータリングだと思うのですが、どれも美味しく頂きました。カメラ持つときはあまりお酒は飲まないようにしているのですが、この日シャンパンをぐいぐい飲んでしまったのはココだけの話です(笑)
d0262570_15090800.jpg
Summilux 50mm/f1.4 ASPH ISO3200
d0262570_15091615.jpg
Summilux 50mm/f1.4 ASPH ISO400

Party Roomと違う部屋では、Leica SL SYSTEMやThambar M f2.2/90mmのタッチ&トライイベントなども行われていました。どちらも僕には贅沢すぎてお付き合い程度の参加にしときましたが、こういうのも楽しいですね。プロのモデルさんを撮影させてもらったのは初めてです。また、別の部屋ではアコースティックライブなども行われ、こちらも楽しく撮影させてもらいました。
d0262570_15092767.jpg
Summilux 50mm/f1.4 ASPH ISO1600

年末年始は入院前のM9-Pでの最後の撮影を楽しんでいたので、実はM10を使ったのはこの日が初めて。AWBがこんなにもまともになったことと高感度撮影の幅が広がったことにびっくりさせられました。ISO6400って・・・・(笑) WBだって今回の写真、全部そのままなんですよ。これならJPEGでもイイかなって。

次にいつお誘いがかかるかわかりませんが、また声がかかれば行ってみたいと思います、Party。意外と人見知りなので自分から見ず知らずの人とコミュニケーションをとるというのは苦手なのですが、それなりにこういう場は好きなんですよ、本当は。


[PR]

by photonine | 2018-02-19 00:00 | Color & Monochrome | Comments(2)
2018年 01月 10日

EAST vs WEST

せっかくなので、もう少し初日の出写真を。
今回は片瀬江ノ島海岸の東浜 vs 西浜の初日の出対決!です。
まずは東浜から。
d0262570_00274991.jpg
必ずいますねー。こういう人。
日の出と同時にパンイチで海に飛び込んでいきました。浜から荘厳な日の出を拝んでいる人達からは「邪魔だ、どけ!」とひんしゅくを買っていましたが、個人的には嫌いじゃないスwww
d0262570_00275565.jpg
まあこういうショットもね、1枚くらい。
d0262570_00280064.jpg
で、こういうのも1枚。
(以上、東浜にて。レンズは全てsummar 5cmです)

続いては西浜の光景を。
東浜で日の出を拝んでから西浜に移動したので、完全に陽は上がっちゃっています。
d0262570_00282719.jpg
西浜からの日の出は、ちょうどえのすい(新江ノ島水族館)の横あたりから上がってきます。日の出1時間前くらいの時間帯が美しいらしいので、本当は西浜から東浜に移動して日の出を拝むのがBESTなのだと思います。
d0262570_00284106.jpg
穏やかで暖かな元旦だったから海水温も高かったのかな。海上には靄がかかって、うっすら富士山がぼやけています。
でもこうして富士山が見られただけでもラッキー。
d0262570_00284733.jpg
まあ、せっかくなので最後にモノクロで1枚。逆光のこういう雰囲気も好き。
(以上、西浜にて。レンズは1、3枚目がnokton 35mm、2枚目がsummar 5cmです)


[PR]

by photonine | 2018-01-10 00:51 | Color & Monochrome | Comments(0)
2017年 11月 22日

全ての名前には、ちゃんと意味がある

その名も、ほったらかし温泉。
d0262570_13460027.jpg
決して贅沢な旅行なんかじゃないんですよ。色々調べて自分で旅を作っていく。そういうのが好きなんです。そういうのが楽しいんです。
この温泉、もともと老人ホームの温泉にする計画で掘削されたらしいのですが、めでたく温泉が出たのはいいけれど、その矢先、ホームの建設が中止になって温泉だけが残り・・・・。そこに手を加えてお客さんに開放したのが始まりだとか。そもそもそんな成り立ちだから、最初は休憩所も食事処もなく、ただ温泉があるのみ。客をがっかりさせないように、あらかじめ“ほったらかしです!”と公言しておこうということでこの名になったそうです。
でもね、上の写真にも薄っすら富士山、写っているのわかりますか。そう、ここは富士の絶景を楽しみながら湯あみできる温泉なのですよ。リアル富士っすよ、銭湯の絵じゃないんです(笑) ほったらかされていようがいまいが、もはやそんなことはどうでもいいですね。この景色はここでしか味わえませんから。

昔はね、そう、遠い昔は温泉にデジカメ持ち込んで(持ち込みOKでも、NGでも)撮影していたこともありました(勿論プライバシーに配慮して誰もいない深夜にとかね)。でもいつの頃からか温泉にデジカメを持ち込むのも馬鹿らしくなってやめました。
ゆっくりと湯につかって、自分の五感で景色や風や匂いを感じて・・・・そんな贅沢な時間を割いてまで写真を撮る必要があるのだろうか、と。温泉に限らず記録よりも記憶の方が大切なことってたくさんあります。今ならわかります。若かったんでしょうね、そんな簡単なことに気が付かなかったのだから。
だから温泉からの絶景の写真はなし。興味のある方はWEBで確かめるか、是非訪ねてみることをおすすめします。

d0262570_13462528.jpg
そのかわりと言ってはなんですが、現地の美味しいものを1つご紹介。これ、ジャンクですけど美味しかったですよー。その名は「温玉あげ」。温泉玉子の外に衣を付けて揚げただけのものなのですが、うっすら塩味が付いていて絶品です。実物はこちら。

d0262570_13470659.jpg
こういう時接写できないLeicaはツライですね(笑) ぐぅーと左腕を伸ばして右手で撮影。ちょっとピント甘いかな。

※今回は28mmレンズしか持って行かなかった(こういう時は本来なら50mmですよねー。時間が無くて28mmを付けっぱで出かけちゃいました)ので、上の写真3枚はそれぞれ幾らかトリミングした後のものになっています。あしからず。


[PR]

by photonine | 2017-11-22 21:00 | Color & Monochrome | Comments(0)
2016年 12月 31日

飛んでゆけ

d0262570_2085094.jpg


昨年の大晦日に選んだ写真はベーゴマ。で、今年の最後の1枚はしゃぼん玉。不思議な巡り合わせですね。別に意図した訳ではないのですが、やっぱり懐古的なものには無条件に心魅かれます。そして女性の笑顔にも(笑)
なかなか面と向かって人物(特に女性)を撮るという行為は普通のシチュエーションでは憚られるものですが、こちらの女性(カップルさんでした)には快く写真を撮らせて頂きました。去年も今年もこういう良い場面に出逢えたことに感謝です。

2014年に引き続き、1日1枚のUPを自分に課した12月。実は前回ほど苦に感じることはありませんでした。むしろ結構楽しんでいたかも。自分でも意外と言えば意外です。そして今回は過去の在庫を持ち出すこと無く、3台のLeicaで撮影した写真31枚でまとめることが出来ました。でもこのスタイル、2ヶ月は続けられないです(笑) そんな訳で年明け1月からは通常営業に戻ります。
来年は来年で、僕なりに何か新しいことにチャレンジ出来ればと漠然と考えています。まあ気まぐれだからどうなるかは・・・・ですけれどね(笑)

こんなテキトーな私並びに当Blogを、今年もご愛顧くださいまして、誠にありがとうございました。良いお年をお迎えくださいませ。皆様にとって、来年が素晴らしい1年になりますように。

NINE

[PR]

by photonine | 2016-12-31 00:01 | Color & Monochrome | Comments(2)