<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2018年 02月 19日

Leica New Year Party 2018へ

Leica Storeでカメラやレンズを購入すると、こういうPartyにお声がかかる、ということはなんとなく知ってはいたのですが、今回「New Year Party 2018」に初めて参加してきました。参加・・・・とは言っても、1月末のことなので少し前の話になるのですが、今日はそのレポを。
d0262570_15090098.jpg
Summilux 50mm/f1.4 ASPH ISO6400

Partyとか言われても、ドレスコードは?とか、飲食のシステムはどうなってんの?とか、いろいろわからないことだらけ。WEBで過去のPartyの様子を下調べしてみると、うん、案外みんな気楽な感じで参加しているようです。年代層も広い感じ。だったら僕も、と当日は気取らずノータイのオトナ・カジュアルで参戦しました。
d0262570_15092117.jpg
Summilux 50mm/f1.4 ASPH ISO1600

勿論、お酒も軽食も主催者側の振る舞いで。会場は都内のスタジオだったからケータリングだと思うのですが、どれも美味しく頂きました。カメラ持つときはあまりお酒は飲まないようにしているのですが、この日シャンパンをぐいぐい飲んでしまったのはココだけの話です(笑)
d0262570_15090800.jpg
Summilux 50mm/f1.4 ASPH ISO3200
d0262570_15091615.jpg
Summilux 50mm/f1.4 ASPH ISO400

Party Roomと違う部屋では、Leica SL SYSTEMやThambar M f2.2/90mmのタッチ&トライイベントなども行われていました。どちらも僕には贅沢すぎてお付き合い程度の参加にしときましたが、こういうのも楽しいですね。プロのモデルさんを撮影させてもらったのは初めてです。また、別の部屋ではアコースティックライブなども行われ、こちらも楽しく撮影させてもらいました。
d0262570_15092767.jpg
Summilux 50mm/f1.4 ASPH ISO1600

年末年始は入院前のM9-Pでの最後の撮影を楽しんでいたので、実はM10を使ったのはこの日が初めて。AWBがこんなにもまともになったことと高感度撮影の幅が広がったことにびっくりさせられました。ISO6400って・・・・(笑) WBだって今回の写真、全部そのままなんですよ。これならJPEGでもイイかなって。

次にいつお誘いがかかるかわかりませんが、また声がかかれば行ってみたいと思います、Party。意外と人見知りなので自分から見ず知らずの人とコミュニケーションをとるというのは苦手なのですが、それなりにこういう場は好きなんですよ、本当は。


[PR]

by photonine | 2018-02-19 00:00 | Color & Monochrome | Comments(0)
2018年 02月 17日

Leica M10を・・・・

d0262570_14560132.jpg
これまでM3、M6、M9-Pと、3の倍数を名前に冠するM型Leicaを使ってきたワタクシ。今回初めて、3の倍数ではない機種、M10を購入しました。LeicaのCMOSセンサー機を使うのは初めてです。

もしLeicaがずっとCCDセンサーにこだわり続け、ライブビューとは無縁のカメラであり続けたとしても、僕は特に不平を言わず、そのままLeicaを使い続けたと思います。そして相変わらずブライトフレームを覗いて二重像を合わせ、写真を撮り続けたことでしょう。むしろ昔の自分はLeicaにそういう方向性を期待していました。

Leica M3はデジタルの夢を見るのか? (2014年 12月 31日の記事より)

考えてみればM type240が発売された時、もうCCDに逆戻りしないことは容易に想像できたし、CMOSセンサーへの移行は避けがたい時代の流れであることも理解していました。しかし、だからこそ2014年の大晦日に、僕はその時の気持ちを記事に残しました。

レンジファインダー機としての伝統を保持しながら、新たにライブビューという機能が付加されたM type240。そしてその後継機として発表されたM10。せっかくだから使える機能は最大限に全部遊び倒すつもりです。個人的にはこれまでレンジファインダーで使えなかった距離計非連動のエルマー3.5cmがライブビューで復活する等、楽しみが広がった部分もあります。今後はマウントアダプターを介した他社レンズ、例えばFDレンズやリケノンなんかも使っていこうと画策中。このBlogでもちょこちょこと紹介できればと思っていますので、ご期待ください。

ちなみに本日の写真はM9-Pとsummar 5cmで。
そうそう、センサー交換+オーバーホールに出していたM9-Pの修理も完了したようで、近々受け取りに行く予定です。前にも書いたけれど、M9-Pというカメラは僕にとって特別な存在のカメラですからね。M10を手に入れたからといって手離すということはありません。痛い出費のはずなのに修理が上がってなんだか心はウキウキ。病気ですねwww


[PR]

by photonine | 2018-02-17 06:00 | Monochrome | Comments(2)