人気ブログランキング |

タグ:Biogon T* F2.8/28(G Biogon) ( 53 ) タグの人気記事


2019年 03月 23日

聖地へ ~ 兵庫への旅 ~ #8

d0262570_18550980.jpg
もう少しだけ旧居留地の写真にお付き合いください。
d0262570_18552360.jpg
d0262570_18553423.jpg
d0262570_18554768.jpg
ピンク色のタクシー。すっごいな、どピンクでしたwww。
さてさて、旧居留地を後にして、今度は南京町に向かいます。
d0262570_18560148.jpg
ちょうど春節の準備中でした。
d0262570_18561116.jpg
「ヨコハマの中華街は世界各地に点在する中華街の中でも最大級なので、ヨコハマをイメージしていくと神戸の南京町はこれだけ?って感じになるよ」という話を知人の関西人から聞いていました。確かに街はこじんまりとしていましたが、やっぱり親近感を感じます。
d0262570_18562735.jpg
d0262570_18563983.jpg
d0262570_18565307.jpg
d0262570_18570711.jpg
南京町では、食べ歩き用に点心を棒に刺したものを売っている光景をたくさん見かけましたが、あれ、ヨコハマではほとんど見かけないもので珍しかったです。ヨコハマでもやればいいのにな。北京ダックの食べ歩きも多かったですね。僕らも1つ買いましたがめっちゃ美味しかったです。

※1枚目のみBiogon T* F2.8/28(G Biogon)、あとは全てSummar 5cm F2で撮影



by photonine | 2019-03-23 19:16 | Color & Monochrome | Comments(0)
2019年 03月 20日

聖地へ ~ 兵庫への旅 ~ #7

d0262570_17453113.jpg
翌日。ホテルの部屋の窓から。
残念ながら今回はハーバービューのお部屋ではなかったのですが、そのかわりにどーんと六甲山!を堪能しました。
あれが六甲か。
d0262570_17455116.jpg
こういうモザイクタイルもいいですね。海辺の町って感じ。
d0262570_17460757.jpg
天気も徐々に回復して・・・・。まだ雲は厚く残っていますが、その切れ間から青空が見えてきました。
d0262570_17462790.jpg
一旦、駅に戻るため昨日歩いた道を戻ります。旧居留地の辺りをゆったりと撮り歩き。
d0262570_17464001.jpg
d0262570_17465112.jpg
d0262570_17470445.jpg
はい、次回は南京町、元町方面に向かいます。

※1~4枚目までBiogon T* F2.8/28(G Biogon)、5~7枚目までSummar 5cm F2で撮影。



by photonine | 2019-03-20 00:00 | Color & Monochrome | Comments(0)
2019年 03月 17日

聖地へ ~ 兵庫への旅 ~ #6

d0262570_20493983.jpg
前回からの続きです。まずはスタバでの1枚。
Summar 5cmでの撮影でしたが絞りはF4くらいにしてたかなぁ・・・・(覚えてない 笑)。

この後ホテルにチェックインしまして。で、せっかく神戸来たのなら神戸牛を、というワケでumie モザイクの三田屋さんまで足を運びました。
d0262570_16045522.jpg
神戸牛ならもっとリーズナブルに美味しく頂けるお店もあるよ、という声もたくさん聞こえてきそうですが、食後に神戸の夜景の撮影を考えていたので、アクセスの良いこちらのお店にお世話になりました。
うす切りハムに冷水に晒したスライスオニオン。オードブルに出てくるこの一品が美味しいと評判のようで、確かに美味でした。その後サラダ、スープと続いて、いよいよステーキへ。
d0262570_16310292.jpg
こちらのお店では熱く焼かれた南部鉄皿でステーキを頂くのだそうです。接写アダプターを使わず撮影したのですが、やっぱりこういう撮影はLeicaには不向きですね。せっかくのステーキにピントがあっていない・・・・。
d0262570_16492638.jpg
お腹が一杯になったところで、少々散歩を。まあ、何でもない観光写真なんですけれどね、これを撮らないワケにはいきませんよね。

でも個人的には
d0262570_17032236.jpg
こんな写真や
d0262570_17081566.jpg
こんな写真が好きなのです。まあ、困ったものですね。

※2枚目はBiogon T* F2.8/28(G Biogon)で撮影。残りは全てSummar 5cm F2で撮影。



by photonine | 2019-03-17 17:14 | Color & Monochrome | Comments(4)
2019年 03月 10日

聖地へ ~ 兵庫への旅 ~ #5

d0262570_20351535.jpg
メリケンパーク。ヨコハマで言ったらさしあたり山下公園・・・・といったところでしょうか。

はい、ご無沙汰しています。久しぶりの投稿になってしまいました。仕事の方が忙しくて、なかなか自宅のPCに向かう時間が作れません。この先も間隔あいてしまうかもしれないけれど、ご容赦くださいね。
d0262570_20355719.jpg
広かったです、メリケンパーク。夕方、そして曇りだったけれど、晴れた夏の日なんかは気持ちいいんでしょうねー。のんびりしてみたい場所でした。やっぱりヨコハマと似てる!
d0262570_20360729.jpg
数年前からダークツーリズムなる旅の過ごし方が注目を浴びていますが、こちらなんかは象徴的な場所になるのではないでしょうか。色々な思いが込み上げてきました。大切にしなければいけない場所だと思います。
d0262570_20361829.jpg
こちらはエルマーC90mmを使って。曇り空が案外いい感じ。
この後あまりに寒かったんで、スタバでひと休みしてホテルにチェックインしました。



by photonine | 2019-03-10 20:51 | Color & Monochrome | Comments(2)
2019年 02月 24日

聖地へ ~ 兵庫への旅 ~ #4

d0262570_11382808.jpg
と、いうワケで神戸三宮駅に到着。駅からホテルへ向かいます。
d0262570_11390685.jpg
少し歩いていると見慣れたものが・・・・。あれ、Bay Bike?
そう、このコミュニティサイクルシステム、ヨコハマにもあるんですよ。ヨコハマでは「Bay Bike」という名で親しまれています。ヨコハマが2014年4月1日スタート、神戸が2015年3月26日スタートですから、少しだけヨコハマの方がお兄さんです。あっ、でも学年で言ったら同級生か。
同じ港町としてなんだか親しみを感じますね。タイガース仕様がニクいです(笑) さすが、タイガースの街。写真はちょっとピンを外してますね。まあ、ご愛嬌ということで・・・・。
d0262570_12095450.jpg
d0262570_12011747.jpg
大丸さんの横を通り、旧居留地エリア(こちらの写真はまた次回以降に・・・・)を抜けて・・・・。
d0262570_12164027.jpg
この辺りまで来て、ようやく今日宿泊するホテルが見えてきました。一拍目の宿泊先はホテルオークラ神戸。ポートタワーのすぐ近くです。
はい、今日はここまで。

次回はホテル周辺のメリケンパークなど散策編をお送りしまーす。



by photonine | 2019-02-24 12:23 | Color & Monochrome | Comments(2)
2019年 02月 22日

聖地へ ~ 兵庫への旅 ~ #3

d0262570_17593448.jpg
いや、本当にこの電車の色は美しいですね。車内も何か品を感じさせるしつらえ。

昨年8月の台風で武庫川の中州に積まれたの例の「生」(9代目)の字は崩れちゃってましたが、でも、そんな風景を車窓から眺めたり、映画のラストシーンで描かれていた小林(おばやし)駅のベンチなどを確認したりして、存分にその世界観を楽しみました。
d0262570_18023696.jpg
短い乗車時間を経て、電車は西宮北口駅へ。
さあ、ここからはいよいよ神戸(三宮)へ向かいます。



by photonine | 2019-02-22 00:00 | Comments(0)
2019年 02月 19日

聖地へ ~ 兵庫への旅 ~ #2

d0262570_17262878.jpg
いやぁ、ヅカですな。この街、ヅカ一色ですな。
まあ、コンセプトがしっかりしていて良いと思います。
d0262570_17272977.jpg
宝塚歌劇は2019年が105周年の年だそうです。歴史、長いんですねー。
d0262570_17275917.jpg
歩道にはスミレがたくさん植えられていて・・・・(お約束ですね)
d0262570_17282799.jpg
この日は公演があったみたいで、駐車場からの出待ちのファンがたくさん。

d0262570_17260371.jpg
よく見ないとわからないかもしれないけれど、喫茶店らしきお店の中もヅカ一色。

d0262570_17290653.jpg
手塚治虫記念館は3月31日までリニューアル工事のため休館中でした。うーん、残念。というわけで歩道のブラックジャックだけでもパシャリ。

d0262570_17291647.jpg

案外楽しんじゃいました、宝塚。こじんまりした綺麗な街並みでした。ヅカファンの人たちは駅に降り立つとアドレナリンがどばぁーと出ちゃうんでしょうね。



by photonine | 2019-02-19 00:00 | Color & Monochrome | Comments(0)
2019年 02月 17日

聖地へ ~ 兵庫への旅 ~ #1

d0262570_11381834.jpg
ご無沙汰しています。はい、私は元気にしています。

もう2月も中間を折り返しましたねー。日数少ないから、あっという間ですよ、3月までなんて。そしたらそろそろ桜の開花なんて話題になって、次はGW。今年は10連休ですもんね。あっ、その前に新元号の発表があるか。いやぁ、忙しい日々が続きそうですね。

さてワタクシはといえば、今月初旬に兵庫を旅してきました。
これまで兵庫と言えば、取り壊される前の余部鉄橋や、県北部但馬の小京都「出石」、出張で明石など、どちらかと言うと地味というか通好みする観光地に行ったことはあっても、王道ともいえる神戸に行ったことがなかったのですよー。どうしてですかねー、もしかしたら観光地としての立ち位置が僕のホームタウンであるヨコハマと似てるからかもしれません。観光という触手が伸びなかったなー。
しかし、ですよ。やっぱり行ってみたい、見てみたい、写真に収めたいという場所はあったわけで、ようやく神戸への旅を実現しました。

まずは、写真の阪急電車です。正式には阪急電鉄ですね。美しいマルーンカラーの車体。僕は撮り鉄でも乗り鉄でもないけれど、この阪急マルーンの車体をかねてから一度は写真に収めてみたいなと思っていました。きっかけは有川浩さんの小説「阪急電車」。勿論、小説も読んでいるし、映画も観ています。そういう意味では「聖地巡礼」ということになりますね。小説に書かれている阪急今津線を介して神戸に向かおうと、今回はわざわざ新幹線を使わずに航路で大阪(伊丹空港)入りしました。

伊丹空港からモノレールを経て蛍池で阪急宝塚本線に乗り換え。阪急今津線へ乗り換える前に、まずは宝塚駅で下車してみました。宝塚と言えば、そうあの宝塚歌劇団の聖地ですね。また、漫画の神様、手塚治虫さんの生誕の地でもあり、こちらもファンにとっては聖地ということになるかと思います。

さてさて、どんな街なのか。はい、散策は次回に続きます。
しばらく兵庫への旅、お付き合いくださーいー。



by photonine | 2019-02-17 13:32 | Color | Comments(6)
2018年 05月 27日

Kyotoful - Mar 2018 - #14

d0262570_15341886.jpg
なぜか京都では雨に降られます。今回も最終日は小雨混じりのスタートになりました。
向かったのは京都芸術センター。京都市の中心部にある芸術振興の拠点施設です。私が興味を持ったのは、ここが 明治時代(1869年)に創立、1993年廃校した明倫小学校の跡地及び校舎であるということ。
d0262570_15342810.jpg
廃校好きな私としては是非一度訪ねてみたい場所でした。
d0262570_15343846.jpg
木の床の油の匂い、ああ、良いですねー。
d0262570_15344864.jpg
現芸術施設ということもあり、こんな遊び心も。
d0262570_15350319.jpg
施設内には京都の老舗喫茶店の前田珈琲も入っています。せっかくなので名物「赤味噌オムハヤシ」のセットを頂きました。
d0262570_15353594.jpg
少しずつ京都への旅を重ね、こういう場所にも目を向けられるようになってきました。
今後ももっともっと隠れた京都の魅力を探していければと思っています。
さて、旅は今回の最終目的地、嵐山へと続きます。

画像1~4、6枚目:Biogon T* F2.8/28(G Biogon)
画像5枚目:Summilux 50mm/f1.4 ASPH



by photonine | 2018-05-27 00:00 | Color & Monochrome | Comments(0)
2018年 05月 26日

Kyotoful - Mar 2018 - #13

d0262570_18190027.jpg
貴船神社に行ったら、是非撮りたいのが連なる灯篭のライトアップ写真。しかし、日没までにはまだ1時間以上ありまして。
無駄に時間を過ごすのも何なので、何か食べながら待つか、と。
d0262570_18192645.jpg
近くのお店で「貴船そば」を頂きました。全く知らなかったのですが、こちらの名物だそうで、とても美味しかったです。また行くことがあったら食べたいな、と。
d0262570_18193997.jpg
だいぶ日も暮れてきました。もうすぐ日没。ということで石段下まで戻ってみます。
d0262570_18195674.jpg
はい、粘りに粘って撮った写真がこちら。
粘りに粘って・・・・というのは、実は「そろそろいい時間だな」と思った矢先に女子旅4人組がワイワイとこの石段の上で撮影会をはじめちゃいまして。人がいない状況での写真を撮りたかったので、待ちましたよ、はい。でもね、なかなか撮影会は終わらなくて(笑) 4、50分は続いたでしょうか。ようやく終わって、場が静かになってじっくり撮影したのがこの写真。
まあね、そこそこ満足できる写真が撮れたから良かったんですけれどね、ただひとつ問題が。

駅までのバスが、ないっ!

困りました。近くの旅館か飲食店に飛び込んでタクシーを呼んでもらおうかとも考えたのですが、タクシーを待つ時間を考えると、今度は駅についてもかなり長い時間電車を待つことになる。今から歩けば15分ほどで駅に着ける(Googleマップ調べ)。迷っている暇はない、歩き出そう。そう考え、足早に貴船神社を後にしました。
しかーし、道路は舗装されているとはいえ、照明はところどころにポツンとあるだけ。真っ暗なリアル山道です。聞こえてくるのは川の流れる音だけ。

超怖ぇぇぇ・・・・。

貴船神社って知ってますか? 縁結び信仰がある反面、丑の刻参り(わら人形に五寸釘を打つアレね)の聖地でもあるのです。憎い相手を呪う有名な呪術。そんなワケで京都最恐の心霊スポットとも呼ばれているそうな。

そういうの、早く教えて。

まあ、何とか、ところどころスマホの明かりなどを頼りにしながら、電車の到着前に駅に着くことが出来ました。やれやれ。

ところで道中、ひとつ不思議なことがありました。真っ暗な山道で1回だけ人とすれ違ったのです。しかも女性。女性?
大のオトナの男のワタクシがビビリにビビって下ってきた山道を、今から登る? ひとりで? ど、どこに? 真っ暗ですよ。あなた、誰ですか?

(((゚Д゚))) な、なるべく考えないようにしよう

そんな怖い思いをした貴船神社でした。

画像1、2枚目:Summilux 50mm/f1.4 ASPH
画像3、4枚目:Biogon T* F2.8/28(G Biogon)



by photonine | 2018-05-26 00:00 | Color | Comments(6)